2018年6月開催−第126回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜足関節障害(足関節捻挫・シンスプリント)に対する評価のポイント」

講師:中井亮佑 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年6月23日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2018年6月1日から開催2週間前まで



第4回ベーシックセミナー「股関節疾患における機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年7月15日 日曜日 10時開始 17時終了
会場:登録会館(京都市中京区)
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員・会員外ともに4000円
参加申込受付期間:定員に達したため募集を終了しました。
キャンセル待ちをご希望の場合は下記アドレスまで希望の旨をご連絡下さい。また、キャンセルが出ない場合、こちらから追加でご連絡はできませんのでご了承ください。
(キャンセルが出た場合の連絡は何日前までならお待ちいただけるかもご記入いただけると幸いです)
キャンセル待ち希望用アドレス:seireha.basic@gamil.com

2016年5月9日月曜日

足部支帯の役割について


本日は、足の支帯が有する機能について報告された文献を紹介します。

Carla Stecco et al:The Ankle Retinacula.Morphological Evidence of the Proprioceptive Role of the Fascial System.Cells Tissues Organs,1-11,2010

支帯の構造は、組織学的な先行研究から、膠原線維層と少量の疎性結合組織層から構成され、ルフィニ小体、パチニ小体、ゴルジ終末の固有感覚受容器を有しています。
本研究結果では、支帯は弾性線維を含まず、疎性結合組織も少量であることから、支帯自体の伸張性はほとんどないとしています。また、支帯の厚さは約1mmと靭帯と比較して薄いため、力学的な安定性への影響も大きくないとしています。

そのため、支帯は、腱や靭帯のような力学的な役割よりも、足関節運動時の位置覚に対しての役割を主に担っているのではないかと考察しています。

支帯が、もともと伸張性をあまり有さない点、各支帯下には多くの筋が走行している点から、支帯と関節拘縮との関係を考える際に参考になった文献でした。

投稿者:竹下真広

人気の投稿