2017年11月開催−第121回定例会− 「腰痛⑵ 伸展時痛の解釈と評価のポイント」

講師:為沢 一弘 先生(京都下鴨病院)
日時:平成29年11月25日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:11月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2016年5月10日火曜日

【文献紹介】膝靭帯損傷のリハビリテーション

本日紹介する文献では、歩行・走行・跳躍および着地動作・スクワット時の膝関節にかかる負荷について検討しています。


 方法は、VICONを用いて光学マーカーの三次元位置データをもとに、上記動作時に生じる関節間応力、筋力などを解析しています。
結果は、全ての動作において膝関節に必要な制動力は後方制動力であり、ACLによる前方制動力が必要な時期は確認されなかったと報告しています。
すなわち、ACLはこれらの動作のみでは損傷することはなく、何らかの前方制動力が必要な状況になった際に、ACLに負荷が加わり損傷することとなります。一方、検討した動作では後方制動に対する負荷が加わることが明確にされていますが、これに関してはPCLのみではなく、膝関節の後方に存在する腓腹筋によって強力な制動力を得ていると示されています。

検討されていた動作でACL損傷は生じがたいということを踏まえた上で、再断裂防止を考慮した理学療法の実施が重要であると感じました。

投稿者:関本健太

人気の投稿