2018年1月開催−第122回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜股関節(鼡径部痛と股関節唇損傷)に対する評価のポイント」

講師:為沢 一弘 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年1月27日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:26名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2018年1月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2017年12月16日土曜日

【文献紹介】掌側ロッキングプレートを用いた橈骨遠位端骨折の遠位骨片へのスクリュー刺入本数の違いによる固定性の検討

本日紹介させていただく文献は掌側ロッキングプレートを用いた橈骨遠位端骨折の遠位骨片へのスクリュー刺入本数の違いによる固定性の検討についてです。




黒岩ら:掌側ロッキングプレートを用いた橈骨遠位端骨折の遠位骨片へのスクリュー刺入本数の違いによる固定制の検討,藤田学園医学会誌 2016




本研究は橈骨遠位端関節外骨折に対して、遠位部スクリューを1列と2列挿入した固定本数の違いによる成績を検討されています。


対象は橈骨遠位端関節外骨折に対しMODE Distal Radius Plateを用いて手術を施行された21例21手です。プレートの遠位部1列目のみにスクリューを4本挿入した症例を1列群、2列目までスクリュー7本全て挿入した症例を2列群とされています。1列群は9手で骨折型はA2:3手、A3:6手、2列群は12手でA2:10手、A3:2手です。


評価項目は術後6か月時点での手関節可動域、握力、MMWS、DASH、単純X線評価として術直後と6か月後のRadial inclination(RI)、volar tilt(VT)、ulnar variance(UV)を計測し、矯正損失の有無を検討されています。


結果は手関節可動域(屈曲・伸展・回内・回外)で有意差は認めず、握力、MMWS、DASHにおいても有意差はなかったと報告されています。単純X線評価でも両群に有意差は認めませんでした。しかし、1列群で骨癒合不全を1例認めたとされています。


本研究を通して、両群を比較しても臨床的評価、画像評価に有意差は認めなかったことがわかります。しかし先行研究ではMehringらは関節外骨折において、1列群に対し2列群は強度が高いと報告しています。本研究では1列群に骨癒合不全を1例認めていることから、スクリュー挿入本数の違いが固定性に関与していることが考えられます。
これらのことから、臨床では、画像所見からスクリューの本数にも着目することで、固定性の検討に役立てていきたいと思います。


                                       投稿者:小林 駿也

2017年12月15日金曜日

【文献紹介】立位での膝関節屈曲位保持課題が膝蓋骨の前額面上回旋角度変化に及ぼす影響

本日紹介させて頂く文献では、立位での膝関節屈曲運動がFrontal Rotationに及ぼす影響とその変化量について報告をしています。


橋谷祐太郎他:立位での膝関節屈曲位保持課題が膝蓋骨の前額面上回旋角度変化に及ぼす影響:関西理学.14.37-41.2014


 方法は体幹垂直位で膝関節屈曲0°位を開始肢位とし、屈曲0°~60°までの各10°ごとの膝蓋骨回旋角度を計測しています。計測に関してはレントゲンを用いて、大腿骨軸と膝蓋骨上端-下端を結んだ直線がなす角度を膝蓋骨回旋角度としています。

 結果は、膝関節屈曲角度の増大に伴い外旋角度は増大傾向にあり、屈曲0°と比較し40°~60°で有意な増加を示したと報告しています。また、変化量は屈曲0°~10°での外旋角度の増大が最大であったと示しています。

膝関節は屈曲・伸展運動時において膝蓋大腿関節では膝蓋骨が大腿骨顆間溝上を滑走するとともに、膝蓋大腿関節の適合性を保つために前額面上で回旋運動が生じる膝関節屈曲運動に伴い、膝蓋骨は前額面上で約7°の外旋、水平面上で約11°の内旋運動を行うことが知られています。前者はFrontal Rotation、後者はCoronary Rotationと呼ばれています。


 臨床の中で、徒手的に膝蓋骨運動を促す際には非荷重での操作を行うことは多々ありますが、荷重時での運動を考慮する場面は少なかったと思います。今後、膝蓋骨の運動を評価する際には、荷重時・非荷重時と条件を変えた中での膝蓋骨運動にも着目していきたいと思います。

投稿者:高橋 蔵ノ助

2017年12月12日火曜日

【文献紹介】橈骨遠位端骨折掌側ロッキングプレート固定術後の長母指屈筋腱断裂


本日は、橈骨遠位端骨折に対する掌側ロッキングプレート固定術後の長母指屈筋腱断裂について書かれた文献です。

三原 惇史ら: 整形外科と災害外科.63:(147-502014

橈骨遠位端骨折に対する掌側ロッキングプレートでの内固定術は一般的な治療法とされていますが、手指の屈筋腱断裂のリスクがあり、Soongらは4.3%の症例に起きると報告しています。

本論文では、橈骨遠位端骨折掌側ロッキングプレート術後に長母指屈筋腱断裂をきたした症例を対象に、断裂の原因とその再建方法を検討しています。

プレートの固定はSoongらの分類grade12例、グレード21例であり、断裂から16日で再建可能であった1例のみ長掌筋腱による腱移植術にて再建し、数か月要した2症例環指浅指屈筋腱の腱移行術にて再建しており、これら再建後の母指IPMP関節の可動域Quick DASH Scoreを評価し比較しています。

結果は、Quick DASH Scoreにいては腱移行術例よりも腱移植例にて良好であり、可動域は移植術では健側とほぼ同等まで改善したが、移行術例では2例ともに母指の可動域制限を認めました。この結果から、著者らは腱断裂の早期診断と腱移植術にて再建することが望ましいと考察しています。

FPL断裂は、Watershed lineより遠位でプレート固定される場合や、プレートの設置位置が橈骨掌側縁よりも掌側に突出していると腱断裂のリスクが上昇することが原因であるとされているため、今回学んだことを、臨床に活かしていきたいと思います。

投稿者:鷲見 有香

2017年12月10日日曜日

整形外科リハビリテーション学会シンポジウム

本日、名古屋で整形外科リハビリテーション学会シンポジウムが行われました。
当院からは團野翼先生がシンポジスト、永井教生先生が座長をされました。







今回のシンポジウムは午前中にbasic symposiumが行われ、「肩関節〜可動域〜」についてのご講演でした。午後はadvance symposiumが行われ、「膝関節〜屈曲可動域制限〜」についてのご講演でした。

午前中のbasic symposiumではシンポジストの先生方が日々臨床でどのようなところを診られているのか、どこに着目しどのように評価を行なっているのか学ぶことができました。
午後のadvance symposiumでは実際の症例を提示していただいたり、研究データを提示していただいたり貴重な報告をお聞きすることができ、非常に濃い1日を過ごすことができました。

肩関節疾患、膝関節疾患は臨床中に非常に多く経験する疾患であり、早速明日の臨床で今日学んだことを活かしていきたいと思います。

2017年12月5日火曜日

【異なるハムストリングス筋力トレーニング介入によるH:Q比の変化の違い】

今回はハムストリングスの筋力向上をテーマにし、4種類のトレーニングにより大腿四頭筋・ハムストリングス比(以下H:Q比)がどのように変化するのかを検証された文献を紹介させていただきます。



小野高志他:異なるハムストリングス筋力トレーニング介入によるH:Q比の変化の違い:体力科学.62(1).87-94.2013


今回の対象は若年成人40名とされ、以下4種類のトレーニングを行われています。
①Hip Lift
②Single-leg Deadlift
③Leg Curl
④Nordic Hamstrings

4種類の筋力トレーニングにおいて膝関節に着目してみると、最も有意にH:Q比が増加したのはLeg Curlでした。

Leg Curlは座位で股関節90°屈曲位、膝関節完全伸展位の状態を開始肢位とし、その状態から片脚で膝関節を90度まで屈曲し、開始肢位まで戻すことを反復することでハムストリングスの筋力向上を図るトレーニングです。

本研究では主にハムストリングスの筋力向上を図った運動を行っており、それに伴いH:Q比が向上したことから、H:Q比の向上はハムストリングスの筋力向上に起因すると考えられます。

Leg Curlで有意にH:Q比が向上した原因として、股関節が常に屈曲位の状態で保たれ、その中で膝関節の屈伸運動を行ったことにより、有意にハムストリングスの筋力向上が図られたことが考えられます。

H:Q比の向上は、ACLRを施行されたスポーツ選手や学生などのスポーツ復帰や、術後のジョギング開始の指標の一つとして用いられることは多々あります。

術後早期の可動域獲得に伴い、適切な期間での適切な強度で行うハムストリングスの筋力向上トレーニングは、術後の筋力再測定時に有意にH:Q比の向上が認められるケースを多々見受けます。

Leg Curlの利点は、負荷量が容易に変化できるところではないかと思われます。Nordic Hamstringsなどは自分の体重を用いて行うため、負荷量の調整が難しいと思われます。そのため、Leg Curlは臨床現場では効率的なハムストリングスのトレーニングではないかと思われます。

今回の文献より学んだ知識を臨床に活かし、患者様の早期復帰を願い治療に挑みたいと思います。


投稿者:高橋 蔵ノ助


2017年12月4日月曜日

【文献紹介】関節軟骨欠損に対するモザイクプラスティ後の関節鏡所見


本日は、骨軟骨柱移植法(モザイクプラスティ)について書かれた論文です。
工藤智志ら:関節軟骨欠損に対するモザイクプラスティ後の関節鏡所見.整形外科と災害外科51:(4745748.2002

関節軟骨欠損に対する治療は、再生医療の進歩によりモザイクプラスティや培養軟骨細胞移植術(JACC)などが行われる施設が増えてきています。

今回は、モザイクプラスティについて着目してみました。
本文献では、膝関節軟骨欠損(軟骨欠損は平均176.4mm2)に対しモザイクプラスティを行った5膝を対象とし、術後6ヶ月の関節鏡所見の移植部における関節面の適合性、関節面の連続性、移植変表面ならびに移植片間隙の再生組織の硬度などを観察し検討されています。

結果は、移植片の脱落を認めたものはなく、移植片間隙も5膝中4膝では関節面の高さまで再生組織が充填されていたが、膝蓋骨例ではやや不十分であった。関節面の適合性については5膝中2膝で移植部表面の一部が平坦化していた。関節面の連続性については、3膝で一部連続性の途絶が認められた。関節面の硬度では、表面は全例正常軟骨と同等の硬度を有し、移植片間隙の再生組織では、正常軟骨に比べ軟化が認められたと報告しています。

モザイクプラスティ後の修復過程については、Hangodyらの犬を用いた研究にて術後4週で軟骨下骨部の癒着が生じ、6週で関節軟骨間の裂隙深層から線維軟骨が形成し次第に表層へと進行するとの報告があります。しかし、周囲の関節軟骨と再生した線維軟骨との結合については問題点とされているため、今後さらに論文を読み、治療方針の参考にしていきたいと思います。

投稿者:鷲見 有香

第28回京都府理学療法士学会

昨日、京都府理学療法士学会に参加しました。
当院からは「変形性膝関節症に対する保存的理学療法戦略」の座長を小野志操先生、演者として4人の先生が発表しました。




大渕篤樹先生
「術前からの歩行時痛が残存していた腰部脊柱管狭窄症の一症例」



小林駿也先生
「関節鏡視下術後に生じた膝前面痛の解釈−外側半月板損傷に対して関節鏡視下縫合術が施行された一症例−」



鷲見有香先生
「靴脱ぎ動作時に鵞足部痛を認めた症例の理学療法経験」



高橋蔵ノ助先生
「しゃがみ込み動作時に膝関節後内側部痛を呈した症例の評価と治療−半膜様筋の解剖学的特徴に着目して−」



当院の先生方の発表はもちろん他院の先生方の発表を聞いて、解剖学的に病態解釈を行うことの大切さを再認識しました。



2018年京都支部定例会「シリーズ:スポーツ障害に対する運動療法」


2018年の京都支部主催定例会についてご案内致します。
「シリーズ:スポーツ障害に対する運動療法」と題して、8回の定例会を予定しています。

開催日  内容
127 関節障害(鼡径部痛・関節唇損傷)
3月31日 部障害(分離症・仙腸関節障害)
4月28日 関節障害①(オスグッドシュラター・分裂膝蓋骨)
5月26日 関節障害②(ACL損傷・半月板損傷)
6月23日 関節障害(捻挫・シンスプリント)
8月4日   関節不安定症(バンカート損傷・脱臼)
1027 関節障害(投球障害)
11月24日 関節障害(投球障害)

開催時間:18時受付 18時30分開始 20時30分終了
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員26名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付開始は各月1日から定員になり次第締切となります

参加申込受付は本ブログ、京都支部・滋賀支部ホームページより受け付けます。

※注:下記の各月は定例会を開催しません。
2月:関西支部合同全国研修会
7月:京都支部・滋賀支部合同ベーシックセミナー
9月:学術集会
12月:シンポジウム

2017年同様、日常臨床で抱きやすい疑問の解決に繋がるようなレクチャーを行います。
2018年も整形外科リハビリテーション学会ならびに京都支部の活動をどうぞよろしくお願い致します。

京都支部代表世話人 為沢一弘

2017年11月26日日曜日

日本運動器理学療法学術小集会

 今日は、岐阜のじゅうろくプラザで開催されました『日本運動器理学療法学術小集会 東海・近畿ブロック』に参加してきました。

 当支部からは、服部先生が “橈骨頭骨折術後の回外制限と後外側部痛の解釈 〜エコー動態から病態を把握し治療展開できた一症例〜” 

中井が“人工膝関節置換術後に膝蓋大腿関節の拘縮が膝関節外側部痛に与えた影響 〜腸脛靱帯膝蓋骨線維の解剖学的特徴に着目して〜”


を発表させていただきました。画像が暗くてすいません。
 今回、症例や学会発表を通して得た経験や知識を今後の臨床に生かしていきたいと考えています。あわせて臨床研究にも繋げていければと思います。


投稿者:中井亮佑

人気の投稿