2019年2月開催−第131回定例会− 「機能解剖に基づく膝関節疾患に対する運動療法〜膝OAにおける疼痛解釈」

講師:佐々木拓馬 先生(京都下鴨病院)
日時:2019年2月23日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:26名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2019年2月1日から



2019年2月21日木曜日

【文献紹介】腰椎神経根分岐の破格について

本日は、腰椎神経根分岐の破格に関する報告を一部紹介させていただきます。



     1984 May;66(3):411-6.

腰椎椎間板ヘルニアにより障害される神経根は一般的である傍正中ヘルニアでは罹患椎間の1高位尾側であり、椎間孔外側ヘルニアでは罹患椎間の神経根が障害されるというのが教科書的に知られていると思います。つまりたとえばL4/5ヘルニアでは傍正中型ではL5神経根、 椎間孔外側ヘルニアではL4神経根が障害されるというのが一般的とされています。しかし分岐位置の変異など神経根の破格はまれでなく、その場合は神経根の位置が通常と異なるため椎間板ヘルニアにより障害される神経根も異なりえるということです。

神経根走行異常の頻度は報告によって異なりますが、0.3%から多いものでは30%にも及ぶとされています。KadishとSimmonsが1984年に報告した分類ではtype1~4に分類されており、type2aであれば通常より頭側からS1神経根が分岐しています。



conjoined nerve rootでは2根が含まれるために2根障害を呈したり、径が大きいため圧迫程度の割に強い根性疼痛を呈するとされています。



決してまれではなく軸位断のMRIを頭尾側にわたって追跡すれば神経根走行走行異常の読影は可能であると言われています。これらも念頭において画像を読影し病態を推察する必要があると述べられています。

病態解釈する上でL4/5ヘルニア傍正中型ではL5神経根、 椎間孔外側ヘルニアではL4神経根が障害されるという一般的な解釈のみでなく、神経根破格例も存在する可能性があるためそれらも念頭において評価していく必要があると思いました。

破格に対して理学療法士が何かできるわけではありません。しかし医師と共通認識をもって病態把握をし運動療法を行うことは大切なことであると思います。
腰椎疾患患者さんの理学療法を担当させていただく機会が多いですが、やはりブロックなどの情報も含めて医師がどのように病態を解釈しているのか、情報を共有し共通認識を持つことで理学療法士として何をすべきかが見えてくると思います。


投稿者:大渕篤樹

第15回日本股関節鏡研究会のご案内


第15回日本股関節鏡研究会

会長 加谷 光規(医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院 副院長)
会期 2019年9月7日(土)
会場 ACU-A〒060-0004
札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45-16F
 
テーマ 本質を見抜く力
ホームページ  
http://www.c-work.co.jp/jsha2019/index.html
 
事務局
医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院
〒004-0021 札幌市厚別区青葉町3丁目1番10号
 
運営事務局
株式会社コンベンションワークス内
〒003-0809札幌市白石区菊水9条3丁目1‐17
TEL:011-827-7799 FAX:011-827-7769
E-Mail:jsha2019@c-work.co.jp
第15回日本股関節鏡研究会が上記の日程で開催されます。
テーマは「本質を見抜く力」です。大会長は私が尊敬して止まない、羊ヶ丘病院 副院長 加谷光規先生です。今から予定を抑えて頂いて、是非参加なさってください。私も参加したいと思います。

投稿者:小野志操

2019年2月18日月曜日

【文献紹介】夜間痛を伴う腱板断裂患者に対する超音波ドップラ血流評価

本日紹介させていただく文献は夜間痛と血流の関係について検討された文献です。


寺林伸夫他:夜間痛を伴う腱板断裂患者に対する超音波ドップラ血流評価.肩関節36(2),2012:507-510

今回の研究目的は夜間痛を有する腱板断裂患者の関節包栄養血管血流の血行動態変化をエコーのドプラー法を用いて評価することです。
対象は腱板断裂患者33例を夜間痛あり群と夜間痛なし群に分けて検討しています。対照群として肩インピンジメント症例と健常群を比較対象としています。
描出した血管は肩前方と外側を支配する前上腕回旋動脈とその上流の上腕動脈です。
これら血管をカラードップラを用いて描出し、収縮期血流速、拡張期血流速を計測し、血管抵抗値も算出しています。
その結果、前上腕回旋動脈収縮期血流速は夜間痛あり群の患側で有意に血流の上昇を認め、前上腕回旋動脈血管抵抗値は夜間痛有り群において有意に低下を認めました。上腕動脈では有意差を認めませんでした。
今回の検討結果から夜間痛有り群では前上腕回旋動脈の収縮期血流が上昇することが分かりました。このことは関節包血流の情緒を示唆しており、上腕動脈の収縮期血流は健患差を認めなかったことより、前上腕回旋動脈の収縮期血流の上昇は選択的な上昇と判断でき、夜間痛を揺する腱板断裂患者における一つの現象であることが示されたと述べています。
また、TerslevらはRAの滑膜血流の評価において滑膜炎状態では抹消での拡張期血流の増加がおき、血管抵抗値が低下したと報告しており、今回の血管抵抗値の低下は滑膜炎が疑われました。

夜間痛を有する症例おいて血流が要因となることも念頭において評価を行う必要があると感じました。血流が増加しているということは炎症所見であるため、安静指導や薬物療法など適切な治療選択をしていく必要があると思いました。


今月の定例会は2月23日です。
内容は「膝OAにおける疼痛の解釈」です。
ご参加いただくには事前申し込みが必要になります。
定員に達し次第申し込みを締め切らせていただきます。
お早めにお申し込みください。

人気の投稿