2018年6月開催−第126回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜足関節障害(足関節捻挫・シンスプリント)に対する評価のポイント」

講師:中井亮佑 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年6月23日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2018年6月1日から開催2週間前まで



第4回ベーシックセミナー「股関節疾患における機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年7月15日 日曜日 10時開始 17時終了
会場:登録会館(京都市中京区)
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員・会員外ともに4000円
参加申込受付期間:定員に達したため募集を終了しました。
キャンセル待ちをご希望の場合は下記アドレスまで希望の旨をご連絡下さい。また、キャンセルが出ない場合、こちらから追加でご連絡はできませんのでご了承ください。
(キャンセルが出た場合の連絡は何日前までならお待ちいただけるかもご記入いただけると幸いです)
キャンセル待ち希望用アドレス:seireha.basic@gamil.com

2018年6月19日火曜日

【文献紹介】骨付き膝蓋腱による成犬膝前十字靭帯再建術後の骨孔内の治癒過程の組織学的検討

本日はBTBを用いたACL再建術における、骨孔内での移植腱の治癒過程について研究された文献を紹介させていただきます。


長野 正憲・他:骨付き膝蓋腱による成犬膝前十字靭帯再建術後の骨孔内の治癒過程の組織学的検討.日関外誌17(4)315-3221998


対象は雑種成犬18匹で、BTBを用いてACL再建術を行います。術後1週、3週、6週、12週において4匹ずつ再建膝を試料として用いています。また、正常のACLと膝蓋腱の骨付着部の観察のために残りの2匹を使用しています。骨孔内の評価項目は以下の5項目となっています。
移植腱端の骨片と骨孔の壁との界面
移植腱内の腱付着部
移植腱の腱部分と骨孔の壁との界面
骨孔内での死腔
骨孔内の腱実質部

結果ですが、では術後1週で移植腱端は壊死しており破骨細胞が観察され、術後3週では骨芽細胞が観察され界面部の結合が進行していたとのことです。
では正常のACLおよび膝蓋腱の骨付着部は、4層構造(腱(靭帯)、非石灰化線維軟骨層、石灰化線維軟骨層、骨)となっており、ACL再建術後においてもこの構造は保たれていたようです。
においては術後1週より界面に線維組織層がみられ経時的に進行し、12週に関してはシャーピー線維が観察されたと報告されています。
では術後1週より死腔を埋めるように線維組織が存在し、術後12週時点で線維組織は骨孔の長軸方向に位置する配列となり腱実質と類似する構造に成熟していたとのことです。
では術後1週で壊死し、6週まで線維芽細胞の増殖が確認されたと報告されています。


この文献から移植腱と骨孔の固定性は術後3週、腱の強度は12週から獲得されていくことが考えられるかと思います。移植腱の固定性や強度はBTBでのACL再建術後の理学療法を行っていく上で重要な知識となります。適切な期間での、適切な強度による理学療法を行うことが、我々理学療法士が常に考えて置かなければならないことでもあるため、このような術後組織の修復過程を知ることはかなり大切なことではないでしょうか。


投稿者:高橋蔵ノ助





【文献紹介】大腿骨前脂肪体の柔軟性と筋力・膝関節可動域の関係性について

本日は大腿骨前脂肪体の柔軟性と筋力・膝関節可動域の関係性について文献紹介させていただきます。
人工膝関節置換術(以下TKA)症例やその他の膝関節症例において可動域制限(以下ROM)や筋力低下には様々な原因が挙げられます。その際に、膝蓋下脂肪体(以下IFP)や大腿骨前脂肪体(以下PFP)などの硬化が原因となり可動域制限や疼痛が生じている事が報告されています。本文献では、IFP、PFPの柔軟性とROMや筋力低下の関係性について述べられていました。

対象・方法としてはN 群15例22膝(男性5人、女性10人、平均年齢73.1±4.0歳),TKA 群13例16膝(男性3人、女性10人平均年齢70.4±9.4歳)とし、
①膝関節伸展位90°屈曲位にてPFPの組織弾性を計測
②膝関節90°屈曲位にて膝関節伸展筋力を測定
算出したPFP柔軟性を群間比較、またTKA群におけるPFP柔軟性と膝関節屈曲・伸展ROM、膝関節伸展筋力との相関を求められていました。

結果としては
①膝関節伸展位・屈曲位では、TKA群がN群に比べて有意にPFPの柔軟性が低下
②TKA群におけるPFP柔軟性と膝ROM・膝伸展筋力との相関は屈曲位と膝伸展筋力のみ負の相関が認められ、膝ROMとPFP柔軟性には相関が認められなかった。
このことから、TKA術後症例では、膝蓋上嚢だけではなくPFPも硬化している事が明らかとなり、またPFP柔軟性の変化は屈曲位にてより柔軟性が低下している。PFP柔軟性低下により、膝蓋上嚢・膝関節筋・広筋などの収縮効率の低下が原因となって、膝伸展筋力の低下に繋がっている事が確認された。
TKA術後症例では、膝蓋上嚢だけではなく膝屈曲位でのPFPの柔軟性を改善する事が必要であると考えられた。

膝関節症例だけでなくその他の症例においてもROMや筋力低下の原因となる組織に確実にアプローチする事が患者の治療を行う上で重要になってくると思います。今回はPFPや膝蓋上嚢のみでしたがその他にも原因となる組織はたくさんあるかと思います。それらに対して確実にアプローチできるようにこれからも知識を増やしていきたいと思いました。


投稿者 茂木孝平

2018年6月18日月曜日

EPoch主催の勉強会に参加させていただきました!!

EPoch主催の勉強会に参加させていただきました!!
 
今回のテーマは
「膝関節疾患に対する機能解剖学的運動療法~変形性膝関節症とTKA術後の病態解釈と運動療法の実際」です!
 
2日間にわたり小野志操先生が講義をされ、私は実技アシスタントとして初めて参加させていただきました。
 
 

 1日目は座学で2日目は実技でした。変形性膝関節症やTKA術後に関して、機能解剖や生理学、文献的知見も加えて小野先生の理学療法の考え方を勉強させていただきました。日々の臨床で疑問に感じながらどこか整理しきれない空白の部分が埋まっていくような、病態の本質を捉え展開されていくお話に引き込まれあっという間に一日目が終わりました。受講者が期待することを把握することやプレゼンテーションのテクニックを勉強させていただいた反面、病態を解釈する上で自分の知識量の少なさをとてつもなく痛感しました。2日目ではわかりやすく伝えることの難しさ、自分の触診技術の未熟さを痛感しました。相手に上手に伝えれないということは自分自身で消化しきれていない、または理解しきれていない部分があるということです。当たり前ですが、知識と触診技術なくして患者さんをよくすることはできません!ので今回の経験から得られたことや反省点を活かして少しでも自分の成長につながるよう努力していきます。
 
 
投稿者:佐々木拓馬

人気の投稿