2018年6月開催−第126回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜足関節障害(足関節捻挫・シンスプリント)に対する評価のポイント」

講師:中井亮佑 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年6月23日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2018年6月1日から開催2週間前まで



第4回ベーシックセミナー「股関節疾患における機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年7月15日 日曜日 10時開始 17時終了
会場:登録会館(京都市中京区)
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員・会員外ともに4000円
参加申込受付期間:定員に達したため募集を終了しました。
キャンセル待ちをご希望の場合は下記アドレスまで希望の旨をご連絡下さい。また、キャンセルが出ない場合、こちらから追加でご連絡はできませんのでご了承ください。
(キャンセルが出た場合の連絡は何日前までならお待ちいただけるかもご記入いただけると幸いです)
キャンセル待ち希望用アドレス:seireha.basic@gamil.com

2018年7月17日火曜日

【文献紹介】人工股関節全置換術前後における変形性股関節症患者の脊椎・骨盤矢状面アライメント

本日はTHA前後での矢状面アライメントの変化について検討された文献を紹介させていただきます。


小山博史他:人工股関節全置換術前後における変形性股関節症患者の脊椎・骨盤矢状面アライメント.中部日本整形外科災害外科学会雑誌(58)5:885-886,2015


対象は股関節OAによって初回THAを施行した100股です。
片側股関節OA、両側股関節OAの両群を骨盤前傾、中間位、後傾の3つに分けています。
自然立位を矢状面よりX線撮影し計測しています。
検討項目は胸椎後弯角、腰椎後弯角、sagittal verteical axis、骨盤傾斜、pelvic tiltにおいて術前後で検討されています。


結果は全群において術前後で有意差を認めなかったと報告しています。

過去の報告と同様に片側股関節OA症例において術後骨盤が後傾傾向、global alignmentの後方移動が見られたましたが、今回の検討では有意差が見られなかったと述べており、global alignmnetに対するTHAの効果や影響は少ないと述べています。


今回紹介させていただいた文献は矢状面アライメントに対するTHAの影響は少ないと述べていますが、この要因として術前の拘縮が大きく関与していると思います。構造の破綻による疼痛や可動域制限は消失していても拘縮は残存していると考えられます。THA後の症例において術後の拘縮予防はもちろん、術前より残存している拘縮に対しても治療を行なっていく必要があると思いました。

投稿者:高橋 蔵ノ助

2018年7月16日月曜日

第4回ベーシックセミナー

7/15に行われました整形外科リハビリテーション学会京滋支部主催の第4回ベーシックセミナーに参加してきました。

今回のテーマは「股関節疾患における機能解剖学的評価と触診」でした。


講義内容と講師の先生方は以下の通りです。

・「大腿骨頚部骨折の機能解剖学的評価と触診」 
 講師:高口 裕行先生(生田病院)
・「変形性股関節症の機能解剖学的評価と触診」 
 講師:山内 辰也先生(あずま整形外科)
・「股関節唇損傷の機能解剖学的評価と触診」  
  講師:團野 翼先生(京都下鴨病院)
・「末梢神経障害の機能解剖学的評価と触診」 
  講師:中井 亮佑先生(京都下鴨病院)
・「股関節に対する機能解剖学的アプローチ」   
  講師:浅野 昭裕先生(中部学院大学・整形外科リハビリテーション学会代表理事)


講義内容は解剖学的特徴から考える各疾患の病態や、それに基づく触診方法についてが中心でした。どの講義も基礎的な知見を細かく講演してくださり、治療に必要な知識というものを再確認できました。実技に関しても検定取得者の先生方が各ブースをラウンドし、受講者の先生方もとても質問のしやすい環境の中でレクチャーを受けることができたのではないかと思います。




治療ができるということはもちろん大切なことではありますが、その中には何をどうように触れるのかといった解剖学的な知識が必要不可欠であることを再認識できるようなセミナーだったと個人的には思います。
このセミナー内容を踏まえ、明日からの臨床に役立てていきたいと思います。


投稿者:小林 駿也

2018年7月15日日曜日

【文献紹介】Thomas test 変法

今回は「下肢スポーツ障害-押さえておきたい病態・評価・治療とリハビリテーション」の中からThomas testの変法について紹介させていただきます。

 

Thomas testは背臥位にて一側の股関節を屈曲し,反体側の大腿の浮き上がりをみる検査です。その際に大腿の浮き上がりの程度のみでなく、下腿アライメントの評価をおこなうことで制限因子となる組織を推察することができます。
 
      a:Thomas testを用いた下肢の筋長さテスト
     b:下腿は内反・内旋方向に引っ張られ、縫工筋の長さが不十分
     c:下腿は外反・外旋し、腸脛靭帯の長さが不十分
 

股関節屈曲拘縮の評価にはThomas testのみでなくOber testやEly testなど、その他様々な所見を組み合わせることで制限因子となる組織を推察することが重要と考えます。

今回はThomas test変法について紹介させていただきましたが、他の検査においても検査の持つ意味を1つ1つ考えることで様々な解釈や応用ができると感じました。

 投稿者:大渕篤樹
 

人気の投稿