▪️ WHAT'S NEW ー 整形外科リハビリテーション学会ニュース

・ 2018年12月9日 整形外科リハビリテーション学会 シンポジウム・学術報告会開催
  詳細はこちらから

・ 関西支部合同全国研修会(2019年3月2日・3日開催)の参加申込受付中。
  詳細はこちらから

・横浜全国研修会(2019年4月13日・14日開催)は12月5日より参加申込受付開始。
 詳細はこちらから

・京都支部の次回定例会は2019年1月26日開催

2019年1月開催−第130回定例会− 「機能解剖に基づく膝関節疾患に対する運動療法〜TKAにおける拘縮予防」

講師:服部隼人 先生(烏丸御池整形外科クリニック)
日時:2019年1月26日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:26名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2019年1月1日から



2016年9月4日日曜日

【文献紹介】肩関節疾患ではなぜ屈曲より外転をしずらいか

本日紹介させていただく文献は肩関節挙上において屈曲よりも外転の方がしづらいのはなぜか検討した文献です

佐原亮他:肩関節疾患ではなぜ屈曲より外転をしずらいか:肩関節vol38,No.3,758-761,2014

今回の研究は健常人男性11名22肩を用いて行われ、三次元動作解析装置にて屈曲、肩甲骨面挙上、外転時の上腕骨、肩甲骨の動作解析をしています。
体表マーカーの貼付は以下の通りです。
肩甲骨:肩甲棘内側縁、肩峰角
上腕骨:骨頭前方、骨頭後方、内側上顆、外側上顆
脊柱:C7棘突起、L5棘突起
検討した項目は「上腕骨外旋角度」「水平肩甲上腕角度」「肩甲骨内旋角度」です。

結果は以下の通りです。






今回の検討より外転時と挙上時における上腕骨、肩甲骨の運動の違いは外転の方が①挙上初期から上腕骨外旋角度が大きくはいる②肩甲骨が常に外旋する③水平肩甲上腕角度が常に大きいことが分かりました。


肩関節疾患の患者さんをみさせていただく中で、屈曲可動域よりも外転可動域を獲得しずらいことは臨床のなかでも感じていました。屈曲と外転での運動の違いを知っているかいないかでとりにいく所見やアプローチも違うのではないかと感じました。
今後肩関節疾患の患者さんの外転可動域を獲得していくうえで参考にしていこうと思いました。







人気の投稿