2017年10月開催−第119回定例会− 「腰痛⑴ 屈曲時痛の解釈と評価のポイント」

講師:團野 翼 先生(京都下鴨病院)
日時:平成29年10月28日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:10月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2016年5月30日月曜日

第2回整形外科リハビリテーション学会 京都支部・滋賀支部共催 ベーシックセミナー「膝関節の機能解剖学に基づく評価と触診」

本日整形外科リハビリテーション学会京都支部・滋賀支部共催のベーシックセミナー「膝関節の機能解剖学に基づく評価と触診」が行われました。
今回は4人の先生方にレクチャーしていただきました。

   
「膝関節外側組織由来の屈曲制限」 城北整形外科クリニック 三倉一輝先生

「膝関節前方組織由来の屈曲制限」 ひぐち整形外科クリニック 奥山智啓先生

「膝関節伸展機構由来の伸展制限」 京都下鴨病院 為沢一弘先生

「膝関節後内側組織由来の伸展制限」 秋山整形外科クリニック 小野正博先生

本日の最後に浅野先生より膝関節拘縮の考え方についてご講演いただきました




実技の様子です!



 

          


本日のセミナーは実技の実技の時間を多くとっていただけたので1つずつ丁寧に触れていくことができました。
可動域制限といっても関節の動きには多くの組織が関与しているため、どの組織が制限因子となっているのか、正確に評価することが非常に重要であると感じました。正確に評価するためには正常な関節の動きの機能解剖を理解しておくこと、正確に触診ができることが必要であると改めて感じた1日でした。

投稿者:堀内奈緒美










                    














人気の投稿