2018年6月開催−第126回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜足関節障害(足関節捻挫・シンスプリント)に対する評価のポイント」

講師:中井亮佑 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年6月23日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2018年6月1日から開催2週間前まで



第4回ベーシックセミナー「股関節疾患における機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年7月15日 日曜日 10時開始 17時終了
会場:登録会館(京都市中京区)
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員・会員外ともに4000円
参加申込受付期間:定員に達したため募集を終了しました。
キャンセル待ちをご希望の場合は下記アドレスまで希望の旨をご連絡下さい。また、キャンセルが出ない場合、こちらから追加でご連絡はできませんのでご了承ください。
(キャンセルが出た場合の連絡は何日前までならお待ちいただけるかもご記入いただけると幸いです)
キャンセル待ち希望用アドレス:seireha.basic@gamil.com

2015年7月2日木曜日

股関節唇移植について

こんばんは。
本日は股関節唇損傷に対する手術療法についてです。



松本英彦:関節鏡視下股関節唇移植.臨床スポーツ医学29 4:419-422,2012

 
 股関節唇損傷に対する治療法として、一般的に股関節唇縫合を行われることが多いです。しかし、今回の文献では腸脛靭帯を移植する股関節唇再建術を取り上げ、その手術方法について報告されています。
 股関節唇再建術は変形が進行した症例や股関節唇が欠損している症例といった縫合が困難な症例に適応されます。また、股関節唇縫合を行っている最中に関節唇のチーズカットが見られ、それにより安定性の得られないフラップ状を呈した場合にも適応されます。
 本論文を読んで、手術の準備から評価、手順など詳細に報告されており、理学療法を進めるうえで重要な知識であることを感じました。Graftとして採取される腸脛靭帯の部位やポータルの位置なども報告されているので、より具体的な理学療法につながるのではないかと考えます。
 股関節唇損傷に対する、鏡視下手術は2005年以降の報告が多く、歴史が浅いです。このような新しい手術に対する理学療法を患者さんに提供できるように、日々勉強していきたいと思います。

投稿者:中井亮佑

人気の投稿