2018年1月開催−第122回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜股関節(鼡径部痛と股関節唇損傷)に対する評価のポイント」

講師:為沢 一弘 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年1月27日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:26名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2018年1月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2015年7月5日日曜日

橈骨遠位端骨折に対する保存治療と手術治療の比較検討


今回の文献は橈骨遠位端骨折に対する保存治療と手術治療の比較検討についてです。


 

青山広道ら:橈骨遠位端骨折に対する保存治療と手術治療の比較検討

骨折 33 No.1  2011
 
橈骨遠位端骨折に対する治療はロッキングプレートによるものが中心となり、良好な成績が多く報告されています。ロッキングプレートは解剖学的整復位での骨癒合を目標としています。筆者は保存治療で解剖学的整復位が得られなくても機能評価はそれほど悪くなく、最終的な患者の満足度は高いと感じ、保存治療と手術治療の比較検討をされています。
 
文献では掌側ロッキングプレートによる固定を行った手術群と前腕ギプス固定にて治療を行った保存治療群で比較されています。X線画像評価としてvolar tilt  radial inclination  ulna plus varianceを受傷時、整復時もしくは手術時、最終評価時に比較し、機能評価として手関節可動域、Quick DASH-JSSHを最終評価時に測定し検討項目として挙げられています。
 
保存治療・手術治療のどちらにおいてもそれぞれの患者様に合わせた理学療法を提供することが大切であることを改めて感じました。ただ単に可動域の改善や筋力向上を目標とするのではなく、どういう動作ができれば患者様の暮らしが良くなるかなど、生活背景に合わせたゴール設定を行った上での理学療法を心掛けたいと思います。
 
投稿者:吉田雄大

人気の投稿