2017年10月開催−第119回定例会− 「腰痛⑴ 屈曲時痛の解釈と評価のポイント」

講師:團野 翼 先生(京都下鴨病院)
日時:平成29年10月28日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:10月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2015年7月12日日曜日

橈骨遠位端骨折に対する方形回内筋を温存した掌側locking plate法-バイオメカニクス的検討-


今回の文献は橈骨遠位端骨折に対する方形回内筋を温存した掌側locking plate法-バイオメカニクス的検討-についてです。

 
津布久義人ら:橈骨遠位端骨折に対する方形回内筋を温存した掌側locking plate

日本手の外科学会誌 第25巻 第4号 350353  2009


近年橈骨遠位端骨折に対する掌側ロッキングプレート法が急速に広まり、その最大の特徴として遠位ピンによるsubchondral supportにより橈骨の短縮を防げる点が挙げられます。
そして、手術の際は方形回内筋の切離・縫合が一般的であり、縫合した方形回内筋の保護のために2週程度の前腕の回内・回外運動の制限がされることもあります。
文献内では方形回内筋温存群と、切離・縫合手術群に分けて前腕の回内外の筋力を検討されています。
筆者は以前にも臨床成績において方形回内筋温存群と切離群で術後早期の回復が優れているかということも報告されており、今回は切離した方形回内筋が元の筋力を取り戻せるかという背景のもと検討されています。
方形回内筋を切離するか否かで、回内外の筋力や周囲の軟部組織の癒着の程度なども変わってきます。筋力や、可動域制限が何によるものなのかをしっかり評価したうえで治療していくことが大切であると感じました。


投稿者:吉田雄大

人気の投稿