2017年10月開催−第119回定例会− 「腰痛⑴ 屈曲時痛の解釈と評価のポイント」

講師:團野 翼 先生(京都下鴨病院)
日時:平成29年10月28日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:10月1日から開催2週間前まで



2015年6月30日火曜日

前鋸筋の機能解剖学的研究

今回は前鋸筋の機能解剖についての文献を紹介します。




前鋸筋は肩関節挙上時や肩甲骨外転、上方回旋させ肩甲上腕リズムを生み出す重要な筋とされています。臨床上、肩関節に疾患の患者さんでは前鋸筋の上部線維にスパズムを生じている症例をよく経験します。
この文献の目的は、前鋸筋の上部・中部・下部筋束の神経支配と形態を調査し、長胸神経麻痺のメカニズムと前鋸筋の機能解剖を明らかにすることであるとされています。
解剖実習体を用いて前鋸筋の筋束や長胸神経の走行を評価されています。
結果は前鋸筋は肩甲挙筋や菱形筋と一体になり肩甲骨の上部から下部に付着していたと述べられています。このことから、前鋸筋の上部線維にアプローチする際には肩甲挙筋や菱形筋のアプローチも行う必要があるのではないかと考えられます。
解剖に促した治療を行えるよう、これからも解剖の勉強を行っていきたいと思います。


投稿者:団野翼

人気の投稿