2018年6月開催−第126回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜足関節障害(足関節捻挫・シンスプリント)に対する評価のポイント」

講師:中井亮佑 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年6月23日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2018年6月1日から開催2週間前まで



第4回ベーシックセミナー「股関節疾患における機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年7月15日 日曜日 10時開始 17時終了
会場:登録会館(京都市中京区)
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員・会員外ともに4000円
参加申込受付期間:定員に達したため募集を終了しました。
キャンセル待ちをご希望の場合は下記アドレスまで希望の旨をご連絡下さい。また、キャンセルが出ない場合、こちらから追加でご連絡はできませんのでご了承ください。
(キャンセルが出た場合の連絡は何日前までならお待ちいただけるかもご記入いただけると幸いです)
キャンセル待ち希望用アドレス:seireha.basic@gamil.com

2015年7月25日土曜日

スクワット時の運動課題の違いによる脛骨前方引き出し力の変化について

 今回はスクワット時の運動課題の違いによる脛骨前方引き出し力の変化についての文献を紹介します。

金井章ら:スクワット時の運動課題の違いによる脛骨前方引き出し力の変化について 
日本臨床バイオメカニクス学会誌 vol 25.2004


前十字靭帯(以下ACL)再建術後のスクワット運動は大腿四頭筋とハムストリングスの共同性収縮などの要素から運動中の脛骨前方引き出し力が制限されることから重要視されています。過去の報告ではスクワット運動中の筋電図の検討や重心位置の変化による筋活動への検討が行われていますが、ACLにかかる負荷の個別の検討は行われていないことに筆者らは着目し、今回の研究ではスクワットにおける運動課題の違いによるACLの負荷に直接影響する脛骨前方引き出し力の変化について検討しています。

 運動課題は、膝関節角度、股関節角度を一定にしたスクワット姿勢で重心移動を行う静的計測と足底全体を接地した状態でのスクワットおよび、踵骨部を約1cm挙上させ母指球で体重を支持した状態での動的計測の2種類で計測されています。結果としては膝関節屈曲角度の増加と重心の前方移動により膝関節前方引き出し力が抑制された結果となっています。重心が前方へ移動することで大腿四頭筋の筋活動が減少し、ハムストリングスの筋活動が高まるために脛骨の前方引き出し力が抑制されると推察されています。今回の文献を読んで、ACL再建術後の患者様に対してスクワット運動を行う際に注意するべき重心の位置を再確認でき、臨床においても意識しなければいけないと強く感じました。

投稿者:服部隼人

人気の投稿