2017年10月開催−第119回定例会− 「腰痛⑴ 屈曲時痛の解釈と評価のポイント」

講師:團野 翼 先生(京都下鴨病院)
日時:平成29年10月28日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:10月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2015年7月18日土曜日

朝の触診勉強会

京都下鴨病院では毎週土曜日の早朝に新人の先生を対象に触診勉強会を実施しています。



膝の触診も終わり、現在は足関節の触診に移るべく、足の骨の触診に取り掛かっています。

徐々に皆、イメージもつきつつ、触診の精度も上がり、骨のトレースが上手くなってきています。

筋や靭帯を触る上で、ランドマークとなる骨を触診出来ることは大変重要な事です。ゆくゆくは治療に役立てられるよう、基礎の基礎からしっかりと積み重ねていこうと思います。


投稿者:為沢一弘

人気の投稿