2018年6月開催−第126回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜足関節障害(足関節捻挫・シンスプリント)に対する評価のポイント」

講師:中井亮佑 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年6月23日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2018年6月1日から開催2週間前まで



第4回ベーシックセミナー「股関節疾患における機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年7月15日 日曜日 10時開始 17時終了
会場:登録会館(京都市中京区)
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員・会員外ともに4000円
参加申込受付期間:定員に達したため募集を終了しました。
キャンセル待ちをご希望の場合は下記アドレスまで希望の旨をご連絡下さい。また、キャンセルが出ない場合、こちらから追加でご連絡はできませんのでご了承ください。
(キャンセルが出た場合の連絡は何日前までならお待ちいただけるかもご記入いただけると幸いです)
キャンセル待ち希望用アドレス:seireha.basic@gamil.com

2015年7月4日土曜日

第9回下鴨整形外科疾患フォーラム

本日は、当院主催の第9回下鴨整形外科疾患フォーラムに参加させていただきました。

今回のテーマは「上肢のスポーツ障害に対する関節鏡治療」でした。


1題目は
「手関節痛に対する鏡視下手術の実際」
   関西電力病院 整形外科 部長 藤尾圭司先生
主にDRUJにおける不安定性と、TFCC損傷に対する鏡視下手術がどのように行われているのかについてのお話を聞くことができました。

2題目は
「肘関節疾患への鏡視下アプローチ」
 北海道済生会小樽病院  副院長  和田卓郎先生
で、肘関節におけるOCDや、OA、上腕骨外側上顆炎、内側上顆炎に対する鏡視下手術や病態についてのお話をしていただき、勉強することができました。

それぞれ、疾患に関する病態や、実際に鏡視下手術を行うに際してどの組織をターゲットにするのかなどを、鏡視動画を見ながら解説していただき、手術の目的を知ることができたことで、修復を促すべき組織や拘縮を作るべきでない場所等を考えることができました。
今後も、ドクターの方々のお話を聞き、理学療法士としてできることを自分に還元していきたいと思います。

今後の京滋支部の活動について
今月(7月)は京滋支部は、京都会場・滋賀会場ともにお休みとさせていただきます。
8月は第4週の土曜日に定例会を実施予定です。
よろしくお願い致します。

投稿者:為沢 一弘

人気の投稿