2018年1月開催−第122回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜股関節(鼡径部痛と股関節唇損傷)に対する評価のポイント」

講師:為沢 一弘 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年1月27日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:26名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2018年1月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2015年7月14日火曜日

広範囲腱板断裂に対する筋前進術を併用した鏡視下腱板修復術

今回は「広範囲腱板断裂に対する筋前進術を併用した鏡視下腱板修復術」
を紹介したいと思います。




この文献では、一次修復不可能な腱板広範囲断裂に対し、関節鏡補助下筋前進術、上肩甲横靭帯切離術を併用した鏡視下腱板修復術を施工し術後の治療成績を検討されています。
手術の方法としましては、Debeyreらが報告された腱板広範囲断裂に対する手術に改良を加えたDebeyre-Patte変法を行っています。
この方法は菱形筋と棘上筋、棘下筋が筋膜を介してつながっていることに着目しています。
棘状筋と棘下筋を肩甲骨付着部より切離し腱板を前進することで断端部を引き出しfoot printに縫着させる方法です。
この術式では従来の修復法では対応できない断端が高度に退縮している症例に対してもfoot printまで縫着可能であると報告されています。
以前より当院の小野先生がこの方法に着目し、腱板断裂や肩関節疾患の患者に対して棘下筋の前進操作を運動療法でも行えるのではないかと考え、当院では菱形筋に対するアプローチを行ってから棘下筋の治療を行うようにしています。
このアプローチ方法に変更してから肩関節の可動域が以前に比べ良好に改善されてきています。
今後、この治療方法を用いた治療成績などを学会で報告していきたいと考えています。
解剖学に沿って治療することで治療効果が良好になるので今後も解剖学に沿った治療が行えるように日々精進したいと考えています。


投稿者:団野翼

人気の投稿