2017年6月開催−第117回定例会− 「腱板断裂修復術後再断裂を防ぐ工夫と考え方」

講師:團野翼 先生(京都下鴨病院)
日時:平成29年6月24日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:6月1日から開催2週間前まで



2016年3月31日木曜日

長母趾伸筋腱の拘縮について

本日は、脛骨遠位の骨端線離開骨折後に生じた長母趾伸筋腱拘縮に対して、腱の延長術が有効であったと報告された文献を紹介します。


G.Sharma et al:Extensor hallucis longus tendon contracture following triplane fracture of the tibia:foot and ankle surgery 13,76-79,2007

 症例は、サッカー中のコンタクトによって脛骨遠位の骨端線離開骨折を呈した10代の男性です。
麻酔下での徒手整復から6週間固定され、8週後には骨癒合良好で、痛みなく歩行可能であったにもかかわらず、底屈に伴う母趾MTP関節の伸展運動が出現し、長母指伸筋腱の拘縮が疑われたとのことです。

 運動療法に抵抗し、受傷から6か月経過しても改善しないため、長母趾伸筋腱の延長術を実施したところ、可動域、筋力は回復し、スポーツ復帰も果たしたとしています。術中所見から、脛骨遠位の後外側部に2か所の瘢痕が認められたとのことです。

 現在、程度の違いはありますが同様な症例を担当しています。延長術を行わなわずに可動域を獲得できるように励みたいと思います。


投稿者:竹下真広

人気の投稿