2017年10月開催−第119回定例会− 「腰痛⑴ 屈曲時痛の解釈と評価のポイント」

講師:團野 翼 先生(京都下鴨病院)
日時:平成29年10月28日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:10月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2016年3月30日水曜日

reverse shoulder arthroplasty術後に生じる神経障害について

本日は、「Prevalence of neurologic lesions after total shoulder arthroplasty」について記載されている論文の紹介をしたいと思います。





2014年から本邦においてもRSAが導入されており、今後臨床でもRSAの症例を経験することはあるかと思います。
RSAはTSAに比べて合併症が生じやすいと言われています。
この論文では、術前と術後の筋電図を用いてRSAとTSAで神経障害が生じる危険性がどの程度異なるのかを研究されています。
結果ですが、RSAにおける神経障害はTSAに比べて10.9倍と報告されており、特に腋窩神経を含む腕神経叢の障害が生じていたと報告されています。
このことからも神経由来の症状が出現していないかを確認することは重要なことであると考えられます。
また、平均2,7cm上腕骨が延長していたと報告されていますが、神経障害を回避するためには2cm程度にする方が望ましいとの報告もみられます。
RSA術後の上腕骨を延長した長さは神経障害のみではなく上腕外側部痛の発生の有無に関与するのではないかと考えられるため、今後検討していきたいと思います。


投稿者:団野翼

人気の投稿