2018年6月開催−第126回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜足関節障害(足関節捻挫・シンスプリント)に対する評価のポイント」

講師:中井亮佑 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年6月23日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2018年6月1日から開催2週間前まで



第4回ベーシックセミナー「股関節疾患における機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年7月15日 日曜日 10時開始 17時終了
会場:登録会館(京都市中京区)
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員・会員外ともに4000円
参加申込受付期間:定員に達したため募集を終了しました。
キャンセル待ちをご希望の場合は下記アドレスまで希望の旨をご連絡下さい。また、キャンセルが出ない場合、こちらから追加でご連絡はできませんのでご了承ください。
(キャンセルが出た場合の連絡は何日前までならお待ちいただけるかもご記入いただけると幸いです)
キャンセル待ち希望用アドレス:seireha.basic@gamil.com

2016年3月6日日曜日

年間スケジュール

今年度の京都支部の年間スケジュールが完成致しました。




今年度の京都支部の活動は、例年通り奇数月に開催される2ヶ月に1回の定例会(症例検討会とレクチャーを実施)に加え、新たな試みとして偶数月触診勉強会を開催する予定です。

今年度の触診部位のテーマは股関節の骨と軟部組織です。


骨からはじめて1年間をかけて股関節の触診をマスターできるよう、触診ができればそのまま評価や治療に結びつけていけるような、臨床現場に活かせる触診の練習を行っていこうと思います。


開催場所等は未定ですが、決まり次第ホームページとブログにてご報告させていただこうと考えています。

ご興味をお持ちの先生方がおられましたら、4月からの開始を楽しみにお待ち下さい。




また、今月は26日(土)に定例会を開催予定です。

内容は「リバース型人工肩関節術後の運動療法の考え方」というテーマで京都下鴨病院の團野翼先生がレクチャーをして下さいます。

團野先生は京都下鴨病院でも一番多くこの症例を診られているので、興味深いお話が聞けると思います。

まだ、日本に浸透しはじめて間もなく、実際に臨床で目にする機会の少ない術式ではありますが、これから先、実際に目にする機会が増えていく手術になる可能性は高いため、今後の経験のために勉強されてみてはいかがでしょうか?

日時、詳細はホームページよりご確認下さい。
➡️http://ohmi-rigaku.jimdo.com/京都支部/


加えて、症例検討も募集中ですので、お困りの症例がおられましたら、尻込みせず、一緒に問題を解決してみませんか?
症例検討応募フォーム➡️http://ohmi-rigaku.jimdo.com/症例検討応募/


今月も宜しくお願い致します。


投稿者:為沢 一弘

人気の投稿