2018年6月開催−第126回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜足関節障害(足関節捻挫・シンスプリント)に対する評価のポイント」

講師:中井亮佑 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年6月23日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2018年6月1日から開催2週間前まで



第4回ベーシックセミナー「股関節疾患における機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年7月15日 日曜日 10時開始 17時終了
会場:登録会館(京都市中京区)
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員・会員外ともに4000円
参加申込受付期間:定員に達したため募集を終了しました。
キャンセル待ちをご希望の場合は下記アドレスまで希望の旨をご連絡下さい。また、キャンセルが出ない場合、こちらから追加でご連絡はできませんのでご了承ください。
(キャンセルが出た場合の連絡は何日前までならお待ちいただけるかもご記入いただけると幸いです)
キャンセル待ち希望用アドレス:seireha.basic@gamil.com

2016年3月5日土曜日

第4回関西ブロック全国研修会報告

京都工科大学校において開催された関西ブロック全国研修会

平成28年2月27日・28日の2日間、京都工科大学校を会場に第4回関西ブロック全国研修会が開催されました。

今年のテーマは「肩関節の機能解剖学的触診と治療」でした。京都支部からは実技講師として永井教生先生、一志有香先生、小野志操、受講生として竹下真広先生、團野翼先生、運営スタッフとして中井亮佑先生、服部隼人先生、吉田雄大先生が参加されました。

肩関節の局所解剖と機能解剖について詳細に学ぶことができ、触診技術が治療技術に繋がるという大切さを再認識することができました。

臨床において様々な理学療法の考え方がありますが、やはり局所の機能改善があって初めて動作に反映させることができると感じました。

今回学んだことを今後の臨床はもちろん、治療技術の伝達という臨床家としての使命に活かしていきたいと思います。

投稿:小野志操

【今後の研修会】

■『股関節前部痛に対する機能解剖学的評価と治療~股関節唇損傷における保存療法と関節鏡視下手術後療法の診かた~』大阪運動器リハビリテーション研究会

■『第105回京都支部定例会〜リバース型人工肩関節術後運動療法の考え方』京都支部定例会

■『第2回京都支部・滋賀支部共催 ベーシックセミナー〜膝関節の機能解剖学に基づく評価と触診』京都支部・滋賀支部共催

人気の投稿