2017年10月開催−第119回定例会− 「腰痛⑴ 屈曲時痛の解釈と評価のポイント」

講師:團野 翼 先生(京都下鴨病院)
日時:平成29年10月28日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:10月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2016年6月28日火曜日

【文献紹介】手指屈曲運動における正中神経の横断的運動

本日紹介させて頂く文献は、手指を第15指まで個別的に屈曲し、正中神経が横断的に移動する距離を超音波にて観察しています。


三浦 雅文:個別的手指屈曲運動における正中神経の横断的運動について.理学療法学30(2):247-250,2015

健常成人の714肢を対象とし、正中神経の撮像には超音波を用いております。測定肢位は背臥位で解剖学的肢位として、プローブを手根管部に横断的に当て、正中神経、大菱形骨、豆状骨が確認できる位置に調整しています。測定肢位にて、手指を個別的に自動および他動で屈曲し、横断的な移動距離を測定しています
 結果ですが、自動屈曲では第3指において1.35mmの移動距離を示し、第1~5指の中で最大の値を示したと報告しています。他動屈曲でも同様に第3指が最大で、0.62mmの移動が確認されています。

正中神経は浅指屈筋、深指屈筋、長母指屈筋、橈側手根屈筋と共に手根管内を通過します。特に浅指屈筋、長母指屈筋は正中神経に近い位置を走行しています。そのため、正中神経の横断方向への滑走を促すには、浅指屈筋、長母指屈筋の収縮を利用することができることが考えられます。一方、正中神経の圧迫を生じる場合は、収縮に配慮が必要であると感じました。


投稿者:関本健太

人気の投稿