2017年11月開催−第121回定例会− 「腰痛⑵ 伸展時痛の解釈と評価のポイント」

講師:為沢 一弘 先生(京都下鴨病院)
日時:平成29年11月25日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:11月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2015年6月25日木曜日

肩関節の構造と機能について

こんばんは。
本日は肩関節の構造と機能の研究についてです。

高濱 照ら:肩関節の構造・機能の研究と理学療法.理学療法.2003年7月Vol20.No3:763-769,2003.

 本日紹介する文献は、肩関節の構造と機能を健常人の動作と御遺体による再現によって、挙上及び外旋への影響を研究してあります。
 内容としましては、健常人が楽に挙上で出来る水平内転角度や肩甲骨面挙上時の水平内転の角度を計測してあり、挙上制限となる因子についても検討されています。また、外転位における外旋強制を加えた際、どの要素が外旋制限となるのか、など肩関節疾患を臨床で見る上では重要な内容が論じられています。
 臨床においても、患者さんの動作が機能解剖的にどの様に影響しているかを考えながら望むことが重要だと思いました。

投稿者:中井亮佑

人気の投稿