2017年11月開催−第121回定例会− 「腰痛⑵ 伸展時痛の解釈と評価のポイント」

講師:為沢 一弘 先生(京都下鴨病院)
日時:平成29年11月25日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:11月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2015年6月7日日曜日

異なる進入法における人工股関節全置換術の術中関節安定性と術後姿勢指導の必要性


今回は異なる進入法における人工股関節全置換術の術中関節安定性と術後姿勢指導の必要性についての文献を紹介させていただきます。



平尾昌之ら:異なる進入法における人工股関節全置換術の術中関節安定性と術後姿勢指導の必要性

人工股関節全置換術(THA)における脱臼は、重大な術後合併症のひとつであり、患者様に対しての脱臼予防指導は重要です。

今回の文献では、後側方進入法、前外側進入法、前方進入法の異なる3つの進入法間での術中関節安定性を評価して、脱臼対策としての術後姿勢指導の必要性を比較・検討されています。

また、高度な拘縮例や重度な骨変形、亜脱臼を呈しているかなどの様々な観点から、どの進入法が適切であるかという考察もされています。

手術でどの術式が選択されているかは、どの組織が侵襲されているか、それによりどの運動に影響が出るかなど重要な指標となります。

11つの術式をしっかりと学習し、患者様に適切な理学療法を行えるよう心掛けたいと思います。

 
投稿者:吉田雄大

人気の投稿