2018年6月開催−第126回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜足関節障害(足関節捻挫・シンスプリント)に対する評価のポイント」

講師:中井亮佑 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年6月23日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2018年6月1日から開催2週間前まで



第4回ベーシックセミナー「股関節疾患における機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年7月15日 日曜日 10時開始 17時終了
会場:登録会館(京都市中京区)
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員・会員外ともに4000円
参加申込受付期間:定員に達したため募集を終了しました。
キャンセル待ちをご希望の場合は下記アドレスまで希望の旨をご連絡下さい。また、キャンセルが出ない場合、こちらから追加でご連絡はできませんのでご了承ください。
(キャンセルが出た場合の連絡は何日前までならお待ちいただけるかもご記入いただけると幸いです)
キャンセル待ち希望用アドレス:seireha.basic@gamil.com

2015年6月4日木曜日

肘関節の内側側副靭帯について

本日は肘関節の内側側副靭帯についてです。
安富隆ら:肘関節屈曲に伴う内側側副靭帯(anterior oblique ligament)の長さの変化.
整形外科バイオメカニクス.Vol11;181-184.1989

 内側型野球肘などにおいて、内側上顆部の疼痛を生じている原因の一因として、内側側副靭帯が考えられます。内側側副靭帯は損傷を確認する整形外科テストとして、Valgus stress testやMilking testなど、肘の屈曲角度を変えて行うテストがあります。この背景として、内側側副靭帯の解剖学的特徴により伸張される線維が変化することが挙げられます。
 今回は、肘関節屈曲に伴う内側側副靭帯の長さの変化を前斜走線維に焦点をあてて報告されている論文を紹介します。本論文はひずみを計測する装置を用いて、前斜走線維の長さが屈曲角度の変化によりどのように変化するかの研究報告がなされています。
 本論文より、詳細な解剖を知ることで詳細な評価が可能となることをより明確に感じました。他の組織に関しても、解剖の知識を理解する事はもちろんですが、一般的に臨床で用いられる整形外科テストなどに疑問を持ち、より細かい解剖を理解することが重要だと思いました。


投稿者 中井亮佑

人気の投稿