2017年10月開催−第119回定例会− 「腰痛⑴ 屈曲時痛の解釈と評価のポイント」

講師:團野 翼 先生(京都下鴨病院)
日時:平成29年10月28日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:10月1日から開催2週間前まで



2014年10月10日金曜日

股関節鏡視下手術の実際


本日は最近読んでいる雑誌の紹介をさせていただきます。
「股関節鏡視下手術の実際-股関節スポーツ損傷に対するアプローチ-臨床スポーツ医学2012」
です。

近年では股関節痛を有する患者に対するアプローチの一つとして股関節鏡が発展してきています。特に米国では年間手術件数が7万件を超えており、疾患概念も広く浸透してきています。その反面日本では股関節の病態や治療概念についてはいまだに広く認知されているとは言い難いというのが現状です。

この雑誌では、股関節唇の組織学および力学的特徴からFAIの臨床症状、FAIに対する鏡視下手術、術後のリハビリテーションまで幅広く記載されています。

最近当院においても、股関節唇損傷にて来院される患者様が多いため、股関節唇の組織学的、力学的特徴を学ぶいい機会になりました。
今後も各関節の解剖学や力学、組織学的な特徴を知り治療に生かしていこうと思います。




 投稿者:鈴木千愛




人気の投稿