2017年10月開催−第119回定例会− 「腰痛⑴ 屈曲時痛の解釈と評価のポイント」

講師:團野 翼 先生(京都下鴨病院)
日時:平成29年10月28日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:10月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2015年5月26日火曜日

肩前上方部の解剖について

今回は肩前上方部の解剖について紹介したいと思います。


肩関節上方部の解剖(肩甲下筋腱、上腕二頭筋長頭腱、鳥口上腕靭帯を中心に) 
Bone Joint Nerve Vol3.No4 2013(10)



肩甲下筋は肩腱板構成筋の中でもforce coupleの考え方から重要視されています。
また、肩甲下筋の上方部は小結節を超えて上腕二頭筋の長頭腱の安定化に関与しています。
この文献では肩甲下筋、上腕二頭筋長頭腱、烏口上腕靭帯の解剖学的所見について記載してあります。
肩甲下筋腱断裂がどの部位から生じやすいかやSGHLがどのようにLHBを関節窩に誘導しているか、鳥口上腕靱帯は靱帯と呼ばれているが本来はどのような組織なのかなどについても記載されています。
理学療法を行う上で組織の解剖をしっかり把握しておくことは非常に重要なことであり解剖の知識が治療に繋がってくると思うため今後も解剖の知識を身につけていきたいと思います。


投稿者:団野翼

人気の投稿