2018年1月開催−第122回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜股関節(鼡径部痛と股関節唇損傷)に対する評価のポイント」

講師:為沢 一弘 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年1月27日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:26名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2018年1月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2014年10月28日火曜日

腰椎棘突起縦割式椎弓切除術について


文献紹介

 

腰部脊柱管狭窄症に対する腰椎棘突起縦割式椎弓切除術の有効性

別冊整形外科59:103107,2011

 


本日は、当院でも実施される腰椎棘突起縦割式椎弓切除術(以下、縦割術)の方法、有用性について述べられた文献を紹介します。

従来施行されてきた広範椎弓切除術は、傍脊柱筋の広範な剥離による著明な背筋筋力の低下や、棘突起をはじめとした後方支持組織の切除による椎間孔狭窄や椎間板障害などの二次的な障害が一部の症例において報告されているようです。

縦割術では、後方支持組織の温存により術後の不安定性を最小限に抑えることができるため、術後2年時の臨床成績は従来法と比較して良好であったようです。問題点として、温存された棘突起が椎弓から遊離するため体幹伸展筋力が脊柱に十分に伝達されない可能性があることです。

 

理学療法を進めるうえでも、縦割術の低侵襲性による創痛の軽減や脊柱筋の温存は有用に思われます。現在担当している縦割術症例も、術後の創痛や背筋の筋力低下による姿勢変化は生じておりませんが、今後の経過に注意しながらリハビリを実施していこうと思います。

 

 

投稿者:竹下真広

人気の投稿