2018年1月開催−第122回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜股関節(鼡径部痛と股関節唇損傷)に対する評価のポイント」

講師:為沢 一弘 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年1月27日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:26名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2018年1月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2014年10月9日木曜日

肩関節の挙上について

今回は肩関節に関する文献を紹介させていただきます。

乾 浩明ほか:肩関節の三次元運動解析 -挙上と回旋の関係- .肩関節,2007;31-2:229-231



この文献では、モーションキャプチャを用いて、屈曲挙上と外転挙上を行った際の上腕骨の回旋度合を比較されています。

屈曲挙上は大結節が烏口肩峰アーチの下を通過する運動に対して、外転挙上は肩峰下を通過する運動となります。そもそも通過するパスが違う2つの運動ですが、通過後も、屈曲挙上では、180°の挙上でも上腕骨自体の回旋はなく、臼蓋と骨頭間では180°の軸回旋がおこるため、比較的支点が保たれています。これに対して、外転挙上では、最大挙上を行うためには臼蓋と上腕骨頭との接点が変化することに加えて、上腕骨自体の軸回旋も生じるとされています。

このことを通して、外転挙上では各角度毎 で臼蓋と上腕骨頭の接点や上腕骨の回旋角度が変化するため、支点形成のための筋の活動性と伸張性がより必要となる運動であることが考えられます。このため、腱板断裂や拘縮肩、腱板修復術後の患者様では屈曲挙上から可動域訓練を進めていった方がより効率よくpassive・activeの 可動域の獲得ができるのではないかと改めて認識することができました。


投稿者:為沢 一弘



人気の投稿