2017年10月開催−第119回定例会− 「腰痛⑴ 屈曲時痛の解釈と評価のポイント」

講師:團野 翼 先生(京都下鴨病院)
日時:平成29年10月28日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:10月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2014年10月3日金曜日

尺骨遠位部の超音波動態観察よりみた前腕回外制限に関する一考察


本日は文献紹介をさせていただきます。

「尺骨遠位部の超音波動態観察よりみた前腕回外制限に関する一考察」
日本整形外科超音波研究会会誌Vol.22 No.1 2010

橈尺骨骨幹部骨折や橈骨遠位端骨折など、前腕や手関節の外傷後、前腕回内外の制限は多くみられます。
前腕の回旋制限に対するリハビリテーションを実施する際にはその制限因子を明確にしたうえでの運動療法が必要不可欠となります。

回旋制限の要因として、

  1. 橈尺骨の骨性アライメント異常によるもの
  2. 近位及び遠位の橈尺関節の不適合によるもの
  3. 橈尺骨間をつなぐ軟部組織の瘢痕によるもの
等が考えられます。

この文献では前腕回外運動時の尺骨頭の動態を観察し回外の制限因子となる軟部組織を検討されています。

関節の動作に伴う周囲の組織の動態を知ることは、制限因子となる組織を明確にすることが出来ると考えます。

今後治療を行って行く中で、制限因子を明確にしアプローチを行っていこうと思います。

投稿者:鈴木 千愛

人気の投稿