2017年8月開催−第118回定例会− 「膝OAにおける歩行時痛の解釈」

講師:為澤一弘 先生(京都下鴨病院)
日時:平成29年8月19日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:8月1日から開催2週間前まで



2015年8月30日日曜日

TFCC障害の治療法


今回はTFCC障害の治療法についての文献を紹介します。
 



中村俊康:特集 スポーツによる手関節・肘関節障害に対する最新の治療

 TFCC障害の治療法

関節外科 Vol.30 No.3 2011

 
三角線維軟骨複合体(triangular fibrocartilage complex ; TFCC )は手関節尺側部に存在
する靭帯・線維軟骨複合体で、背側・掌側遠位橈尺靭帯、三角軟骨、尺側側副靭帯から構
成されています。TFCCの機能として、尺骨手根骨間の支持性、尺骨と尺側手根骨の荷重
伝達・分散・吸収、遠位橈尺関節の支持などがあります。
TFCCが損傷されると尺骨手根骨間および遠位橈尺関節の不安定性、クッション機能低下
に伴う尺骨手根骨間の圧上昇などが生じ、手関節の尺側部痛や回内・外の制限などが生じ
ます。
本文献においてはスポーツ外傷・障害の特性について述べられています。スポーツでの
TFCC損傷には、野球の走塁やゴルフ中の転倒など一度の外傷によって生じるものと、テ
ニスで過度にスピンをかけるフォアハンドストロークの多用により変性断裂させてしまう
ものがあるとしています。スポーツ復帰にはスポーツの特性に即したプログラムを組む必
要があるとし、テニスを例にすると受傷原因になりうるフォアハンドでのトップスピンス
トロークなどは筋力増強の後に行う必要があるとしています。
理学療法の勉強はもちろんのこと、スポーツの競技特性についても学んでいき、少しでも
治療に活かせていければと思います。

投稿者:吉田雄大
 

人気の投稿