2018年6月開催−第126回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜足関節障害(足関節捻挫・シンスプリント)に対する評価のポイント」

講師:中井亮佑 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年6月23日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2018年6月1日から開催2週間前まで



第4回ベーシックセミナー「股関節疾患における機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年7月15日 日曜日 10時開始 17時終了
会場:登録会館(京都市中京区)
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員・会員外ともに4000円
参加申込受付期間:定員に達したため募集を終了しました。
キャンセル待ちをご希望の場合は下記アドレスまで希望の旨をご連絡下さい。また、キャンセルが出ない場合、こちらから追加でご連絡はできませんのでご了承ください。
(キャンセルが出た場合の連絡は何日前までならお待ちいただけるかもご記入いただけると幸いです)
キャンセル待ち希望用アドレス:seireha.basic@gamil.com

2015年8月21日金曜日

文献紹介:超音波検査による棘上筋萎縮の評価

日本整形外科超音波学会研究会会誌
The Journal of the Japan Society of Orthopedic Ultrasonic Vol.17 No.1 2005

『超音波検査による棘上筋萎縮の評価 高槻赤十字病院整形外科:三幡輝久』

この文献では、MRIにて広範囲腱板断裂と棘上筋萎縮、自動挙上制限を有する患者を対象に、超音波診断装置を用いて棘上筋の厚さを計測し、健側と比較検討しています。

また、コントロールとして筋萎縮の存在しない肩拘縮患者でも同様の検討をし比較しています。

結果、MRIにて萎縮が著名な場合は、エコーによる厚さにも有意差を認め、萎縮がない場合は厚さに有意差が認められなかったとされています。

エコーによる腱板断裂肩の萎縮の評価を行った文献はなく、今回の研究により棘上筋萎縮の程度を評価する上で新たな補助診断になりうることが示唆されるとしている。


エコーを用いれば、患者さんの負担も少なく定量的な評価もできるため簡易的に筋萎縮を評価でき、理学療法士でも診断補助にできるのではないかと感じました。

投稿者;一志有香



人気の投稿