2017年6月開催−第117回定例会− 「腱板断裂修復術後再断裂を防ぐ工夫と考え方」

講師:團野翼 先生(京都下鴨病院)
日時:平成29年6月24日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:6月1日から開催2週間前まで



2015年9月27日日曜日

第5回関西肩コラボレーションミーティング



本日第5回関西肩コラボレーションミーティングが開催されました。
「コリジョンスポーツにおける肩脱臼後の競技復帰どうするか?」をテーマに
・吉村 直心先生(やまぎわ整形外科 リハビリテーション科 科長 理学療法士)

・菅原 順二先生(株式会社arancia 代表取締役 NSCA-CSCS

・八木 茂典先生(東京関節外科センタースポーツリハビリテーション部 部長 理学療法士)

・川崎 隆之先生(順天堂大学医学部附属順天堂医院整形外科・スポーツ診療科 肩関節診グループ 助教 医師)
の4名の先生方が講演してくださいました。
 
コリジョンスポーツの中でもラグビーを中心に、競技特性、肩関節が脱臼しやすいプレー、どのように脱臼するのか、損傷によりどういった術式を選択するかなど機能解剖を交えながらお話してくださいました。

各先生の講演後は、競技復帰するために重要なこと・コリジョンスポーツで脱臼した場合どの術式を選択するかなどをテーマにスマホアプリclickest(クリッケスト)」を使用して会場内の意見を踏まえて一括討論をしてくださいました。

一括討論では会場内の医師・セラピストの先生方からの質問で熱い討論が行われ、各先生方の競技復帰するためにどういった運動療法をしていくべきか・競技復帰できるにはどういう評価が必要なのかなど貴重なお話をたくさん聞くことができました。

講演を聞いて、競技特性を理解することの重要性、医師・トレーナーの先生方との患者情報の共有についての重要性を改めて感じることが出来ました。今回の経験を少しでも臨床で活かせるよう日々努力していきたいと思います。

人気の投稿