▪️ WHAT'S NEW ー 整形外科リハビリテーション学会ニュース

・ 2018年12月9日 整形外科リハビリテーション学会 シンポジウム・学術報告会開催
  詳細はこちらから

・ 関西支部合同全国研修会(2019年3月2日・3日開催)の参加申込受付中。
  詳細はこちらから

・横浜全国研修会(2019年4月13日・14日開催)は12月5日より参加申込受付開始。
 詳細はこちらから

・京都支部の次回定例会は2019年1月26日開催

2019年1月開催−第130回定例会− 「機能解剖に基づく膝関節疾患に対する運動療法〜TKAにおける拘縮予防」

講師:服部隼人 先生(烏丸御池整形外科クリニック)
日時:2019年1月26日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:26名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2019年1月1日から



2015年9月21日月曜日

第24回整形外科リハビリテーション学会学術集会

昨日、今日と整形外科リハビリテーション学会の学術集会が開催されました。

京都下鴨病院からは、竹下先生、團野先生、中井先生と私、為沢が発表し、一志先生が座長を務められました。


1日目


竹下真弘先生
「橈尺骨遠位端骨折術後、前腕回外制限が残存した一症例」





團野翼先生
Reverse shoulder arthroplasty後に生じる疼痛の解釈
  〜上腕外側と肩後下方に疼痛が出現した症例を経験して〜」






2日目



中井亮介先生
「長距離ランナーに生じた恥骨結合炎の解釈と運動療法」






為沢一弘
「腸骨下腹神経外側皮枝の絞扼が考えられた症例に対する理学療法の経験」 






一志有香先生
「セクション膝」座長


今回は、珍しい症例が多かったですが、みな堂々とわかりやすくそれぞれ努力の跡が伺える発表であったと思います。


例年通り、とても熱い討論がなされるとともに、年々内容もレベルが高くなって来ているように感じます。
周囲のレベルの高さにとても良い刺激をもらうことができたので、より知識を高められるよう努力を続けて行こうと思います。
また、今回勉強したことを明日からの臨床に活かしていきたいです。

今回の発表にあたり、ご指導をいただいた小野志操先生、永井教生先生をはじめ、当院の発表に対してご意見・ご指導を下さった先生方、大会の運営に携わって下さったスタッフの皆様にこの場をお借りして心より感謝申し上げます。

これからも京都下鴨病院、ならびに京滋支部をよろしくお願いします。




また、来週日曜日には第5回関西肩コラボレーションミーティング(KKCM)が開催されます。
内容は京滋支部ホームページをご確認下さい。



投稿者:為沢 一弘

人気の投稿