▪️ WHAT'S NEW ー 整形外科リハビリテーション学会ニュース

・ 2018年12月9日 整形外科リハビリテーション学会 シンポジウム・学術報告会開催
  詳細はこちらから

・ 関西支部合同全国研修会(2019年3月2日・3日開催)の参加申込受付中。
  詳細はこちらから

・横浜全国研修会(2019年4月13日・14日開催)は12月5日より参加申込受付開始。
 詳細はこちらから

・京都支部の次回定例会は2019年1月26日開催

2019年1月開催−第130回定例会− 「機能解剖に基づく膝関節疾患に対する運動療法〜TKAにおける拘縮予防」

講師:服部隼人 先生(烏丸御池整形外科クリニック)
日時:2019年1月26日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:26名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2019年1月1日から



2018年11月25日日曜日

第129回京都支部定例会

本日第129 回京都支部定例会が行われました。
今回は京都下鴨病院の永井教生 先生に「投球障害肘」についてレクチャーしていただきました。





野球肘はジュニア期の野球投手に多く発生するオーバーユースに起因する肘の代表的スポーツ障害です。成長期に骨が障害されるため、適切な治療がなされない場合には肘痛のみならず将来に禍根を残す骨変形なども合併する可能性があります。


 また、リハビリを受診される患者様の野球レベルは様々であり、少年野球、草野球やレクリエーションレベルから、部活動、社会人、実業団などで全国大会を目指している方々までいらっしゃいます。そのため、投球フォームの指導も非常に難しく様々なことを考慮して指導を行わなけれななりません。

この講義では永井先生が実際に臨床で行っている投球指導の工夫やポイントについて多くの事例を通して解説していただきました。








投球障害肘の治療においては解剖学的修復のみならず機能的改善が必要となるため、それらに対する評価や運動療法のポイントについて実技を交えて解説していただきました。
今回、学んだ知識・技術を明日からの臨床に活かして行きたいと思います。




第7回整形外科リハビリテーション学会関西支部合同全国研修会が2019年3月2日(土)・3日(日)の2日間開催されます。


研修会詳細

第7回関西ブロック全国研修会
「膝関節周囲の機能解剖学的触診(palpation)と治療」

会期:2019年3月2日(土)・3日(日)の2日間

会場:西はりま地場産業センター (JR姫路駅前)

東海・関東から著名な先生をお招きし,関西支部の世話人で充実した研修会を運営します。

投稿者:大渕篤樹

人気の投稿