2018年8月開催−第127回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜肩関節不安定症(バンカート損傷・脱臼)に対する評価のポイント」

講師:團野翼 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年8月4日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:7月1日から7月28日まで



2017年9月3日日曜日

【文献紹介】組織学的見地からの関節拘縮の病態と徒手理学療法

本日紹介させていただく文献はラットを用いて関節拘縮を組織学的に検討された文献です。


渡邊晶規他:組織学的見地からの関節拘縮の病態と徒手理学療法.徒手理学療法14(2):51-57,2014


今回はラットの膝関節を固定し、関節拘縮を作成した後に拘縮後の組織学的な変化と理学療法介入後組織学的変化を検討しています。
固定期間は2〜32週です。
結果は関節拘縮における組織変化は2週後より確認されました。
関節包における疎性結合組織から密性結合組織への変化・脂肪組織の線維化、軟骨と増生組織の癒着、関節腔内の狭小化を認めました。
徒手療法は持続伸張とモビライゼーションによる介入で検討されています。
2週間固定後の関節拘縮に対する持続伸張では可動域の改善はありませんでしたが、後方関節包の組織学的変化を認め、関節包に対する治療において持続伸張が有効であると述べています。4週間固定後の関節拘縮に対するモビライゼーションでは可動域改善を認めましたが、、組織学的変化は認めませんでした。これらの結果から筆者らは単に持続伸張のみでは改善が得られないと考え、8週間固定後の関節拘縮に対してモビライゼーションを行いました。これによりコラーゲン線維束間の間隙の拡大と脂肪変性の改善が得られたと報告しています。

今回の文献から、2週までの関節包の拘縮においては持続伸張が有用であること、さらに長期に渡る関節包の拘縮においてはモビライゼーションが有用であることがわかりました。関節拘縮が生じてから治療開始までの期間、拘縮の責任組織、これらに対する適切な治療選択が必要になるた、臨床においてしっかり見極めて適切な治療を行なっていきます。

人気の投稿