2018年11月開催−第129回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜肘関節障害(投球障害)に対する評価のポイント」

講師:永井教生 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年11月24日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:11月1日から



2017年9月24日日曜日

第26回整形外科リハビリテーション学会学術集会

昨日、今日と整形外科リハビリテーション学会学術集会が行われました。
当院から演者として4人が発表させていただきました。



團野翼先生
「肩関節挙上時に肩後方から肩甲帯に出現した疼痛の解釈
〜肩甲上神経の解剖学的特徴に着目して〜」

中井亮佑先生
「変形性肩鎖関節症における疼痛の解釈〜肩甲上腕関節の拘縮の影響〜」

堀内奈緒美
「足部多発骨折後に続発した感覚障害に対する評価と治療
〜内側足底動脈の血流障害が感覚障害の原因であった一症例〜」

佐々木拓馬先生
「外側半月板切除後に生じた後外側部痛の解釈」


それぞれの演者に対する質疑の多さや、興味深い研究・症例報告があり、とても刺激ある2日間でした。
私は今回演者として参加させていただきました。
質疑応答の時間にはたくさんのご質問をいただき、終わった後も個人的にご質問やアドバイスをいただき勉強になったと共に解釈しきれていない部分や評価不足のところがあり、今後の課題となりました。

明日からの臨床ではこの2日間で学んだことを活かしていきたいと思います。
1症例ずつ丁寧に診ていき、多くの患者さんを治せるように知識・技術を高めていきます。

投稿者:堀内奈緒美


人気の投稿