2017年11月開催−第121回定例会− 「腰痛⑵ 伸展時痛の解釈と評価のポイント」

講師:為沢 一弘 先生(京都下鴨病院)
日時:平成29年11月25日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:11月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2016年7月24日日曜日

第109回京都支部定例会


昨日第109回京都支部定例会を行いました。



今回は永井教生先生による「THAの運動療法の考え方」と佐々木拓馬先生による「FAIによる起立時に鼠径部痛が生じた症例」についての症例検討を行いました。


     
     


永井先生による「THAの運動療法の考え方」では理学療法を行う上で注意しなければならに脱臼リスクについてTHAの構造、opeによる侵襲、コンポーネントの設置角度、術前のアライメントなど様々な面からどのような状態の場合どの方向の運動に気を付けなければならないのか、どのような評価を行うのかなどをお話していただきました。



佐々木先生の症例検討ではグループごとにディスカッションを行っていただき、グループごとに意見をまとめていただきました。足りなかった評価や今後見ていくべき評価、疼痛の解釈などいくつも考え方、意見をいただくことができました。私も股関節の患者さんを担当させていただいていますが、今回の症例検討を通して評価しきれていない所見があるとを感じ、今回ディスカッションで出していただいた評価、考え方を参考にさせていただきたいと思います。




次回の定例会は8月27日に為沢一弘先生による「股関節の触診~外側の筋」です。
18:00より受付、18:30勉強会開始です。  


人気の投稿