2017年11月開催−第121回定例会− 「腰痛⑵ 伸展時痛の解釈と評価のポイント」

講師:為沢 一弘 先生(京都下鴨病院)
日時:平成29年11月25日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:11月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2016年7月1日金曜日

【文献紹介】距腿関節の動的接触圧力に関する研究

 本日紹介は、距腿関節の接触圧力について研究された論文を紹介します。関節の理学療法を進める上で、どの動作でどこにストレスが加わるか、という知識は構造を破壊してしまわないためにもとても重要な事だと思います。距腿関節に関しても、足関節脱臼骨折や距骨の軟骨壊死などの疾患において、同様の事が言えるかと思います。
 
 
川上ら:距腿関節の3次元運動及び動的接触圧力に関する実験的研究.日本臨床バイオメカニクス学会誌 21:279−285.2000

 本論文は、距腿関節は底背屈により三次元的にどのように動き、関節内の接触圧力はどのように変化するかを研究されています。
 結果の一部より、底屈により関節内の接触圧力は後内側へ移動し距骨滑車の中央まで移動し、背屈により前外側へ移動しました。これにより、距骨へ加わる関節の接触圧力もわかりますが、背屈すると距骨は先に腓骨に圧力を加えることが想像できるかと思います。そのため、腓骨が不安定な骨接合術後や脛腓間が不安定な脱臼骨折などの際には、背屈位での荷重は禁忌であることが考えられます。
 本研究より脛骨の下関節面と距骨滑車のストレスの加わり方は理解できましたが、mortice事態に加わるストレスは詳細に記載されていませんでした。今後、mortice全体に加わるストレスについても勉強していきたいと考えます。ストレスの加わり方や組織の強度等を理解することで、理学療法が構造の破壊に繋がらないようにしていきたいと思います。

投稿者:中井亮佑

人気の投稿