■令和元年6月開催−第134回定例会− 内容「膝関節の触診(後方)」■

ミニレクチャー:ACL損傷の運動療法
講師:服部隼人先生(烏丸御池整形外科クリニック)
膝関節後方組織の触診
講師:小林駿也先生(京都下鴨病院)
日時:令和元年6月22日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:26名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:令和元年6月1日から



2017年11月12日日曜日

股関節リハビリテーション合同勉強会

本日、MSMCみどりクリニックと京都下鴨病院の股関節リハビリテーション合同勉強会が京都橘大学で開催されました。

産業医科大学若松病院の内田宗志先生に「股関節鏡視下手術の最新知見」についてご講演していただきました。
当院の為沢一弘先生は「股関節疾患の評価と病態」について、團野翼先生は「股関節疾患に対する体幹トレーニング」について講義していただき、小野志操先生には「股関節疾患患者にみられる特徴的な疼痛部位に対する運動療法の実際」について講義と実技をしていただきました。

内田宗志先生
「股関節鏡視下手術の最新知見」


為沢一弘先生
「股関節疾患の評価と病態」


團野翼先生
「股関節疾患に対する体幹トレーニング」





小野志操先生
「股関節疾患患者にみられる特徴的な疼痛部位に対する運動療法の実際」





今回の合同勉強会では股関節疾患について貴重なお話を聞くことができました。
また、他院の先生方、他職種の先生方と関わる機会を設けていただき、お話を聞くことが出来るのは新鮮だと感じました。
学んだことを臨床で活かしていけるよう、努力していきます。
次回は三重へ行かせていただき、勉強させていただきたいと思います。


投稿者:天鷲翔太

人気の投稿