■令和元年6月開催−第134回定例会− 内容「膝関節の触診(後方)」■

ミニレクチャー:ACL損傷の運動療法
講師:服部隼人先生(烏丸御池整形外科クリニック)
膝関節後方組織の触診
講師:小林駿也先生(京都下鴨病院)
日時:令和元年6月22日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:26名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:令和元年6月1日から



2017年11月26日日曜日

日本運動器理学療法学術小集会

 今日は、岐阜のじゅうろくプラザで開催されました『日本運動器理学療法学術小集会 東海・近畿ブロック』に参加してきました。

 当支部からは、服部先生が “橈骨頭骨折術後の回外制限と後外側部痛の解釈 〜エコー動態から病態を把握し治療展開できた一症例〜” 

中井が“人工膝関節置換術後に膝蓋大腿関節の拘縮が膝関節外側部痛に与えた影響 〜腸脛靱帯膝蓋骨線維の解剖学的特徴に着目して〜”


を発表させていただきました。画像が暗くてすいません。
 今回、症例や学会発表を通して得た経験や知識を今後の臨床に生かしていきたいと考えています。あわせて臨床研究にも繋げていければと思います。


投稿者:中井亮佑

人気の投稿