2018年11月開催−第129回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜肘関節障害(投球障害)に対する評価のポイント」

講師:永井教生 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年11月24日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:11月1日から



2017年12月4日月曜日

第28回京都府理学療法士学会

昨日、京都府理学療法士学会に参加しました。
当院からは「変形性膝関節症に対する保存的理学療法戦略」の座長を小野志操先生、演者として4人の先生が発表しました。




大渕篤樹先生
「術前からの歩行時痛が残存していた腰部脊柱管狭窄症の一症例」



小林駿也先生
「関節鏡視下術後に生じた膝前面痛の解釈−外側半月板損傷に対して関節鏡視下縫合術が施行された一症例−」



鷲見有香先生
「靴脱ぎ動作時に鵞足部痛を認めた症例の理学療法経験」



高橋蔵ノ助先生
「しゃがみ込み動作時に膝関節後内側部痛を呈した症例の評価と治療−半膜様筋の解剖学的特徴に着目して−」



当院の先生方の発表はもちろん他院の先生方の発表を聞いて、解剖学的に病態解釈を行うことの大切さを再認識しました。



人気の投稿