2017年10月開催−第119回定例会− 「腰痛⑴ 屈曲時痛の解釈と評価のポイント」

講師:團野 翼 先生(京都下鴨病院)
日時:平成29年10月28日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:10月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2015年11月23日月曜日

第55回近畿理学療法学術大会


今日は第55回近畿理学療法学術大会に参加しました。

京都下鴨病院からは服部隼人先生、中井亮佑先生と私、吉田雄大が発表をさせていただきました。

服部隼人先生
「橈骨遠位端骨折における受傷時骨転位量と術後手関節可動域の関連についての検討~当院における最終経過観察時の治療成績と併せて~」


中井亮佑先生
「肩甲上腕関節可動性が肩甲骨回旋位置に与える影響~拘縮肩症例での検討~」

 
吉田雄大
「橈骨遠位端骨折後の手関節可動域に影響を及ぼす因子の検討~患側受傷時と健側の橈骨遠位端前後径を比較して~」


発表に至るまでに、日々遅い時間まで指導をしてくださった小野志操先生、永井教生をはじめ、貴重なご意見をくださった京都下鴨病院の先生方のおかげで何とか無事に終えることができました。

1年目での発表という貴重な経験をさせていただき、ご指導してくださった各先生方に心より感謝申し上げます。

 
今回学会発表をしたことがとても良い刺激になりました。これからも臨床・学術を通じてより知識・技術を高めていけるよう頑張りたいと思います。

投稿者:吉田雄大

人気の投稿