▪️ WHAT'S NEW ー 整形外科リハビリテーション学会ニュース

・ 2018年12月9日 整形外科リハビリテーション学会 シンポジウム・学術報告会開催
  詳細はこちらから

・ 関西支部合同全国研修会(2019年3月2日・3日開催)の参加申込受付中。
  詳細はこちらから

・横浜全国研修会(2019年4月13日・14日開催)は12月5日より参加申込受付開始。
 詳細はこちらから

・京都支部の次回定例会は2019年1月26日開催

2019年1月開催−第130回定例会− 「機能解剖に基づく膝関節疾患に対する運動療法〜TKAにおける拘縮予防」

講師:服部隼人 先生(烏丸御池整形外科クリニック)
日時:2019年1月26日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:26名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2019年1月1日から



2015年10月8日木曜日

超音波エコーを用いた橈骨遠位端掌側面と長母指屈筋腱との位置関係の検討


今回は超音波エコーを用いた橈骨遠位端掌側面と長母指屈筋腱との位置関係の検討です
 

 
超音波エコーを用いた橈骨遠位端掌側面と長母指屈筋腱との位置関係の検討
整形外科と災害外科622013  久保祐介ら


橈骨遠位端骨折の手術治療において掌側ロッキングプレートを用いた内固定法は標準的治療として広く用いられています。その一方で橈骨遠位端骨折後の合併症として長母指屈筋腱の断裂が重篤な合併症として問題視されています。
本文献では長母指屈筋腱の走行とwatershed lineとの解剖学的位置関係を超音波エコーを用いて評価し、掌側ロッキングプレート固定を行った際の長母指屈筋腱断裂のリスク因子を検討されています。watershed lineと長母指屈筋腱との距離、方形回内筋の最大筋腹幅、watershed lineと方形回内筋付着部との距離を検討項目としています。
watershed lineは橈骨遠位端骨折における掌側ロッキングプレートの設置位置を決定する指標とされており、watershed lineより遠位にプレートが設置されることにより屈筋腱損傷のリスクが高まるとされています。本文献のように超音波エコーでのwatershed lineと長母指屈筋腱の位置関係の確認に加え、術後の画像所見からプレートの設置位置の確認を行っていくことで長母指屈筋腱断裂のリスクを少なくできるので、しっかりと着目していきたいと思います。


投稿者:吉田雄大

人気の投稿