2017年10月開催−第119回定例会− 「腰痛⑴ 屈曲時痛の解釈と評価のポイント」

講師:團野 翼 先生(京都下鴨病院)
日時:平成29年10月28日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:10月1日から開催2週間前まで



2015年10月23日金曜日

新人教育プログラムに参加しました。

 今日は、京都府理学療法士会の新人教育プログラムの研修会に参加しました。京都大学附属病院の宮坂淳介先生による『肩関節疾患に対するリハビリテーション -肩峰下インピンジメント症候群を中心に- 』でした。


 肩関節の解剖やバイオメカニクスなど基本的な部分から、各疾患に対する評価方法やリラクセーション方法など応用的な部分まで様々な事を教えていただきました。特に肩甲骨の動態について詳細にレクチャーしていただき、明日の臨床から使えるものばかりでした。
 研修会後に、直接お話しさせていただきましたが、すごく丁寧で適格な受け答えで知識の多さを感じました。様々な観点からの知識を得ることで、ディスカッションする幅が広がることを実感しました。治療に関する知識と繋がるかと思いますが、患者さんに適切に説明するための知識を得る事の重要性を感じました。

投稿者:中井亮佑

人気の投稿