■令和元年6月開催−第134回定例会− 内容「膝関節の触診(後方)」■

ミニレクチャー:ACL損傷の運動療法
講師:服部隼人先生(烏丸御池整形外科クリニック)
膝関節後方組織の触診
講師:小林駿也先生(京都下鴨病院)
日時:令和元年6月22日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:26名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:令和元年6月1日から



2018年5月29日火曜日

【文献紹介】Assessment of tibial rotation and meniscal movement using kinematic magnetic resonance imaging

本日はAssessment of tibial rotation and meniscal movement using kinematic magnetic resonance imagingについて文献紹介させて頂きたいと思います。







この文献では膝関節屈曲の0°から40°の間での屈曲・伸展運動の際に
下腿の内旋・外旋がどの程度生じているか
半月板の厚さがどの様に変化し、どの様に運動しているか
など運動時における半月板の動態の変化をより詳しく述べられていました。

半月板は膝関節の屈曲・伸展時に前後方向へ移動をしますが、
その際に半月板の前角は後角よりも、辺縁部は中央部よりもそれぞれ大きく移動し、厚みが増加すると報告されていました。
また、膝関節屈曲・伸展運動は下腿の内旋・外旋を促進し、それらは靭帯・関節包・大腿骨顆の形状に関連するなど膝関節運動の際の半月板の変化や骨運動の変化についてより詳しくと述べられており、私自身非常に勉強になりました。

これらの軟部組織の変化・関節運動をしっかり理解して行くことが今後の治療時の病態解釈を行なっていく上で非常に役立つのではないかと感じました。

人気の投稿