2018年1月開催−第122回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜股関節(鼡径部痛と股関節唇損傷)に対する評価のポイント」

講師:為沢 一弘 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年1月27日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:26名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2018年1月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2017年2月14日火曜日

【文献紹介】コンピュータモデルを用いた肩甲上腕関節の回旋における腱板疎部の形状と面積変化のシミュレーション

本日紹介させていただく文献はコンピュータを用いて生体での腱板疎部の形状、面積変化を検討した文献です。


田中洋ら:コンピュータモデルを用いた肩甲上腕関節の回旋における腱板疎部の形状と面積変化シミュレーション.臨床バイオメカニクス36:23-29,2015

対象は健常人男性3名で、open MRIを用いて検討されています。撮影肢位は90°外転位で内旋位、外旋位、内外旋中間位とされています。腱板疎部は結節間溝の前上部、後上部、烏口突起基部、関節窩上結節を直線で結び腱板疎部の形状を再現しています。
形状変化の結果です。内旋位と中間位においては不等辺四角形、外旋位においては細長い三角形に変化したと報告しています。
面積の結果です。個体差はあったものの内旋位で大きく、外旋位で小さくなる傾向にあったと報告しています。

この文献には内旋位、中間位、外旋位における腱板疎部の形状の変化が前額面と水平面より観察した図が示されています。
中間位と比較すると内旋位においても外旋位においても大きく形状が変化していることが見て取れます。
腱板疎部は膜状の空間であり、その中を上腕二頭筋腱や烏口上腕靭帯といった組織が走行しており、肩関節拘縮において重要な場所であることは報告されています。今回紹介させていただいた文献で内旋で弛緩、外旋で緊張するだけでなく、大きく形状が変化することが分かり、肩関節疾患の患者において、大きく形状が変化できるだけの柔軟性が必要であることが分かりました。
今後の臨床に活かしていきたいと思います。

投稿者:堀内奈緒美

人気の投稿