2018年1月開催−第122回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜股関節(鼡径部痛と股関節唇損傷)に対する評価のポイント」

講師:為沢 一弘 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年1月27日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:26名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2018年1月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2016年11月11日金曜日

【文献紹介】半月板損傷に対して手術療法が良いか保存療法が良いか

 半月板損傷に関して、切除が良いのか縫合が良いのか、また手術療法が良いのか保存療法が良いのか、など様々な著者による報告が見受けられます。

 
Nina Jullum et al. Exercise therapy versus arthroscopic partial meniscectomy for degenerative meniscal tear in middle aged patients . randomised controlled trial with two year follow-up. BMJ 2016;354-374 

 本日紹介する論文はレントゲンにて決定的な関節変形を認めていない半月板損傷症例140例を対象としています。被検者の平均年齢は約50歳です。
 運動療法群と手術療法群に分けて、受診2年後の膝の機能と受診3ヶ月後の大腿部の筋力としています。両群を比較したところ機能に差はなく筋力は運動療法群の方が増加していたことから、著者らは退行変性のない半月板損傷の症例に対して運動療法を推奨するべきと結論付けています。
 臨床において半月板損傷の症例の主訴は、歩行時や階段昇降時などの疼痛が多いかと思います。他の疾患でも言えることですが、少なからず半月板損傷では疼痛がどの組織由来なのかをはっきりとさせ適切な理学療法を行うことで、保存療法にて半月板損傷の症状は改善することがわかりました。今後の臨床に生かしたいと思います。


 執筆者:中井亮佑

人気の投稿