2018年6月開催−第126回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜足関節障害(足関節捻挫・シンスプリント)に対する評価のポイント」

講師:中井亮佑 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年6月23日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2018年6月1日から開催2週間前まで



第4回ベーシックセミナー「股関節疾患における機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年7月15日 日曜日 10時開始 17時終了
会場:登録会館(京都市中京区)
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員・会員外ともに4000円
参加申込受付期間:定員に達したため募集を終了しました。
キャンセル待ちをご希望の場合は下記アドレスまで希望の旨をご連絡下さい。また、キャンセルが出ない場合、こちらから追加でご連絡はできませんのでご了承ください。
(キャンセルが出た場合の連絡は何日前までならお待ちいただけるかもご記入いただけると幸いです)
キャンセル待ち希望用アドレス:seireha.basic@gamil.com

2016年11月13日日曜日

【文献紹介】本邦におけるリバース型人工肩関節全置換術の上腕骨コンポーネントと上腕骨サイズの不適合性

今回紹介させていただく文献は本邦におけるRSAの上腕骨コンポーネントサイズの不適合性について検討した文献です

南義人ら:本邦におけリバース型人工肩関節全置換術の上腕骨のコンポーネントと上腕骨サイズの不適合性.肩関節.第40巻2号:2016

検討項目は身長と上腕骨頭径です。対象は42例43肩(男性:14例、女性:28例)、全例CTAによりRSAが施行されています。検討項目は身長と上腕骨頭径の相関です。上腕骨頭径はCTを用いて前額面上での上腕骨解剖頚の最大長(AP長)、水平面上での上腕骨解剖頚の最大長(ML長)を計測しています。

結果は身長が140cm以下の症例は上腕骨頭径が36mm以下となると報告しており、上腕骨頭径と身長には相関があり、低身長の症例は上腕骨頭径が小さい傾向にあったと報告しています。
今回の検討は上腕骨頭径の計測が2次元であること、実際の骨切り面と一致していないこと、上腕骨頭の変形が考慮されていないことが限界として述べられており、今回の検討方法で上腕骨頭径が36mm以下であっても必ずしもコンポーネントの設置が困難になるわけではないと述べています。しかし身長が140cm以下の症例においてはコンポーネントを安全に設置できるよう考慮が必要であると述べています。


本邦ではRSAに対する報告が少ない中で、コンポーネントの不適合性について検討してる文献を見つけたので今回紹介させていただきました。
しかし今回の検討でも必ずしも低身長であるとコンポーネントのミスマッチが生じる訳ではないと報告おり、どのような人がミスマッチしやすいのか検討している文献を見つけたらまた紹介させていただきます。

人気の投稿