2017年10月開催−第119回定例会− 「腰痛⑴ 屈曲時痛の解釈と評価のポイント」

講師:團野 翼 先生(京都下鴨病院)
日時:平成29年10月28日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:10月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2016年11月27日日曜日

第112回京都支部定例会

昨日第112回京都支部定例会を行いました。


今回は為沢一弘先生による「FAI(大腿骨寛骨臼インピンジメント)に対する運動療法の考え方」と天鷲翔太による「PCL再建術後、膝窩部に疼痛が生じている一症例」についての症例検討をさせていただきました。









為沢先生による「FAI(大腿骨寛骨臼インピンジメント)に対する運動療法の考え方」では股関節、股関節唇、股関節周囲の軟部組織の解剖学的特徴からどのようなメカニカルストレスが加わるのか、病態の解釈からどのように評価、治療へ展開していくのかについてお話していただきました。



症例検討では2グループに分かれ、ディスカッションをしていただき、各グループから意見をいただきました。足りない評価、評価からどのように疼痛を解釈していくのか、どのようなメカニカルストレスがかかるかを動作から評価していくこと等の考え方、多くの意見をいただきました。
今回症例を提示させていただき、自分に足りていないことばかりで、特に評価についてはまだまだ勉強が足りないことを痛感しました。月曜からの臨床でしっかり活かせるようにします。




次回の定例会は1217日(土) 
中井亮佑先生による「股関節の触診-後面の筋-」についてレクチャーしていただきます。
ぜひご参加ください。




投稿者:天鷲翔太

人気の投稿