2018年6月開催−第126回定例会− 「スポーツ障害シリーズ〜足関節障害(足関節捻挫・シンスプリント)に対する評価のポイント」

講師:中井亮佑 先生(京都下鴨病院)
日時:平成30年6月23日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2018年6月1日から開催2週間前まで



第4回ベーシックセミナー「股関節疾患における機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年7月15日 日曜日 10時開始 17時終了
会場:登録会館(京都市中京区)
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員・会員外ともに4000円
参加申込受付期間:定員に達したため募集を終了しました。
キャンセル待ちをご希望の場合は下記アドレスまで希望の旨をご連絡下さい。また、キャンセルが出ない場合、こちらから追加でご連絡はできませんのでご了承ください。
(キャンセルが出た場合の連絡は何日前までならお待ちいただけるかもご記入いただけると幸いです)
キャンセル待ち希望用アドレス:seireha.basic@gamil.com

2016年4月9日土曜日

整形外科リハビリテーション学会 特別講演


今日は名古屋国際会議場で行われた整形外科リハビリテーション学会の特別講演に参加しました。前座講演として吉田整形外科病院の中宿伸哉先生が「足関節果部骨折に対する運動療法の考え方」についてお話されました。背屈制限を中心にどういった制限因子が考えられるか、超音波を用いてFHLが制限因子となっている症例の動態の描出、Lauge-Hansen分類を用いて外力の加わり方でどのようにどの組織が損傷されるかなどをお話ししてくださいました。

次に特別講演として帝京大学医学部整形外科講座、帝京大学スポーツ医科学センターの笹原潤先生が「足の外科超音波診療の最前線」についてお話してくださいました。レントゲンでは分からない組織の状態、超音波を用いて足関節捻挫・足底腱膜炎・足関節後方インピンジメントといった症例の関節の不安定性や滑走状態など組織の動態について細かくお話してくださいました。

超音波は組織の動態をその場で確認することができること、レントゲンやCTなどと比較して非侵襲的なことが利点として挙げられます。レントゲンやCTMRIとともに超音波で動的要素を診ていくことが重要だと学びました。今後超音波についてもしっかり勉強していきたいと思います。


投稿者:吉田雄大

人気の投稿