2017年10月開催−第119回定例会− 「腰痛⑴ 屈曲時痛の解釈と評価のポイント」

講師:團野 翼 先生(京都下鴨病院)
日時:平成29年10月28日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:24名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:10月1日から開催2週間前まで



第6回関西支部合同全国研修会「足関節周囲の機能解剖学的触診と治療」

日時:平成30年2月24日 土曜日・25日 日曜日
会場:尼崎リサーチ・インキュベーションセンター
定員:100名(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員23,000円、会員外25,000円
参加申込受付期間:平成29年11月1日から定員になり次第終了



2016年4月16日土曜日

上伸筋支帯下を走行する筋について


本日は、上伸筋支帯下を走行する筋群それぞれの筋線維量(底屈30°位)と、血液の供給量について報告された文献を紹介します。

T.Haumont et al:Extensor retinaculum syndrome after distal tibial fractures:anatomical basis.Surg Radiol Anat,303-311.2007


新鮮屍体20肢が用いられ、評価された筋群(前脛骨筋、長母趾伸筋、長趾伸筋、第三腓骨筋)は、それぞれ前部繊維(AF)と後部線維(PF)とに分けて調査されています。

結果、長母趾伸筋PFと第三腓骨筋PFは、他の2筋と比較して上伸筋支帯下を走行する割合が高かったとしています。一方で、AFについては、第三腓骨筋を除く3つの筋は全例、上伸筋支帯下を走行していなかったとのことです。
また、長母趾伸筋への前脛骨動脈分枝数および血液供給量は、他の3筋と比較して有意に少なかったとのことです。
この2点から、上伸筋支帯高位での脛骨遠位端骨折では、長母趾伸筋が容易に損傷を受けやすいことが示唆されます。

また、背屈0°以上からは、上伸筋支帯下を走行する筋線維が著明に少なくなるために、上伸筋支帯下圧が最低値を示したとも述べています。受傷後の底背屈0°固定が、上伸筋支帯下における部分的なコンパートメント症候群のリスクを減らすために有用であることも学びました。


投稿者:竹下真広

人気の投稿