▪️ WHAT'S NEW ー 整形外科リハビリテーション学会ニュース

・ 2018年12月9日 整形外科リハビリテーション学会 シンポジウム・学術報告会開催
  詳細はこちらから

・ 関西支部合同全国研修会(2019年3月2日・3日開催)の参加申込受付中。
  詳細はこちらから

・横浜全国研修会(2019年4月13日・14日開催)は12月5日より参加申込受付開始。
 詳細はこちらから

・京都支部の次回定例会は2019年1月26日開催

2019年1月開催−第130回定例会− 「機能解剖に基づく膝関節疾患に対する運動療法〜TKAにおける拘縮予防」

講師:服部隼人 先生(烏丸御池整形外科クリニック)
日時:2019年1月26日 土曜日 18時受付 18時30分開始
会場:京都下鴨病院2階 リハビリ室
定員:26名限定(要事前申込、先着順)
参加費:本学会会員無料、会員外500円
参加申込受付期間:2019年1月1日から



2018年4月29日日曜日

第124回京都支部定例会

本日第124回京都支部定例会が行われました。
今回は京都下鴨病院の佐々木拓馬先生に「膝関節障害〜オスグッド・分裂膝蓋骨〜」についてレクチャーしていただきました。






臨床においてオスグッドや分裂膝蓋骨症例をみる機会は多くあります。
損傷部位やどの方向に引かれているかをレントゲンで確認することでどの軟部組織からストレスを受けて損傷したのかを推測することができます。今回のレクチャーを聞いてまずレントゲンから詳細に損傷形態を読み取ることの大切さを学びました。
しかし、推測した軟部組織に対する適切な治療が行われなければ痛みを取ることができません。
今回レクチャーしていただいた触診、治療臨床に活かせるように練習して行きたいと思います。


次回の定例会は5月26日です。
内容は「膝関節障害〜ACL損傷・半月板損傷〜」です。
定例会の参加には事前申し込みが必要になります。
申し込みは5月1にから始まります。
定員は24人で、定員に達し次第申し込みを終了とさせていただきますのでお早めにお申し込みください。

人気の投稿